本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



元ロシア代表の大物に軍への招集令状が届く! 父親や元同僚が「間違いじゃないか」と疑問視するなど情報は錯綜
 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が発動した30万人規模の部分動員に関連して、ロシア・サッカー界が誇る大物にも“招集令状”が届いたようだ。EURO2008でのベスト4進出に貢献した元ロシア代表MF、ディニヤル・ビリャレトディノフ氏である。...
別窓で開く

元海将が語る巡洋艦「モスクワ」の撃沈について
長引くウクライナとロシアの戦い。プーチン大統領がウクライナに派遣する兵士について、予備役を部分的に動員すると発表をしたことでロシア国内は混乱しているようです。まだまだ終わりの見えないこの戦争、ウクライナに勝機はあるのだろうか。防衛問題研究家の桜林美佐氏の司会のもと、小川清史元陸将、伊藤俊幸元海将、小...
別窓で開く

ロシア出国便の様子が一目でわかるFlightradar24のツイート 「モスクワ大脱出」「予備役招集からの逃走」
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がウクライナへ予備役を部分的に動員すると発表したことで、予備役招集を回避しようとロシアから出国しようとする動きが活発になっているようです。そうした中、ロシア出国便の様子が一目でわかる動画を投稿したFlightradar24のツイートがちょっとした注目を集めています...
別窓で開く

強気のプーチン露大統領...ブーメランに苦しむ欧州、「抜け道」に群がる国々【ロシアへの経済制裁はなぜ効かない?】(上)
2022年2月24日にロシアがウクライナに軍事侵攻して半年が過ぎ、戦争は長期戦の膠着状態に入った。西側諸国はロシアに厳しい経済制裁を幾重にも科し、停戦圧力を加えてきたが、欧米が期待するような成果はあがっていない。むしろ、エネルギー危機が拡大して欧州に歴史的なインフレが襲来、市民生活が脅かされる事態に...
別窓で開く

北海道で土地を爆買いしている中国人が北部には手を出さない理由
北海道で土地を爆買いしている中国人が、なぜか北部の土地には手を出していない。それは「ロシア軍が北海道に侵攻する可能性があるからだ」——まことしやかに囁かれる怖い話がある。中国そして中国人の裏のウラまで知り尽くした石平氏と、米国の政治学者エルドリッヂ氏が精魂を込めて語り合った「日本のための防衛論」。...
別窓で開く

プーチン大統領のトルコ訪問は「終わりの始まり」になるのか
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が6月3日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。プーチン大統領のトルコ訪問について解説した。2022年4月25日、モスクワでの会議に出席するロシアのプーチン大統領(タス=共同) 写真提供:共同通信社ロシアのプーチン大統領がトルコ訪問を検討ロシア...
別窓で開く

ロシアとウクライナの戦いは「2〜3年続く」その理由
地政学・戦略学者の奥山真司が5月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢の今後について解説した。対ドイツ戦勝記念日の式典に出席したロシアのプーチン大統領(中央)=2022年5月9日、モスクワ(タス=共同) 写真提供:共同通信社ロシアの外相がプーチン大統領の病気...
別窓で開く

スウェーデンとフィンランドの「NATO加盟申請」はロシアの「オウンゴール」
経済アナリストのジョセフ・クラフトが5月17日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。スウェーデンとフィンランドのNATO加盟申請について解説した。...
別窓で開く

「ウクライナ侵攻が起きたから」ではない フィンランドが「NATO加盟申請」決意に至る背景
慶應義塾大学総合政策学部准教授の鶴岡路人が5月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。フィンランド・マリン首相の来日について解説した。...
別窓で開く

橋本五郎指摘の「プーチンの流儀」 首脳会談の「前提」との関係
ロシアのウクライナ侵攻が始まってから間もなく1カ月になるが、当初は短期での決着を目論んでいたとみられるプーチン大統領に「焦り」が見られる場面が増えてきた。21日(2022年3月)の「スッキリ」は、ロシア側の「焦り」に焦点をあてた。ウクライナ南東部のマリウポリでは18日、子どもや女性ら約400人が避難...
別窓で開く


[ トルコ プーチン モスクワ ] の関連キーワード

フィンランド スウェーデン ウクライナ モスクワ nato
プーチン 北海道 トルコ ロシア

<前へ123次へ>