本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米独が主力戦車をウクライナに供与できない本当の理由 2月以降の大攻勢に向けて安堵の色隠さないプーチン
レオパルト2供与を躊躇する理由は何か ロシアによる軍事侵攻が続くウクライナへの戦車支援をめぐって米国とドイツが正面衝突している。 ドイツ西部にあるラムシュタイン米空軍基地で1月20日、ロイド・オースティン米国防長官(軍人出身)などおよそ50か国の代表が参加して、ウクライナへの軍事支援について協議する...
別窓で開く

年頭笑撃スクープ!窮鼠プーチンが「イランに国外逃亡」してロシア×ウクライナ戦争は終結する
 ロシアがウクライナに侵攻して、間もなく1年。だが、21世紀の独裁者プーチンの思惑は見事に外れ、戦況は日増しにウクライナ軍優勢へとシフトしつつある。 中でも世界の耳目を集めたのが、ウクライナ軍が今年の年明け1分後に仕掛けたとされる、ドネツク郊外にあるロシア軍の臨時兵舎への攻撃だった。...
別窓で開く

ロシアとウクライナの戦争 調停者がいないという「もう1つの問題」
元内閣官房副長官で慶應義塾大学教授の松井孝治が1月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。プーチン大統領が36時間の停戦を命じたウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

また判明したロシア軍のグダグダ ロシア本土攻撃に使われたウクライナ軍“特製ドローン”の正体
 ウクライナ軍に本土を攻撃され、ロシア軍は真っ青──読売新聞オンラインは12月7日、「ウクライナ無人機攻撃で露本土被害、プーチン政権に衝撃…『防空網に不備』批判も」の記事を配信、YAHOO!ニュースのトピックスにも転載された。担当記者が言う。...
別窓で開く

泥沼状態のウクライナ戦争 停戦の鍵握るのは軍事、政治、経済の「限界」
ウクライナ戦争は停戦の見通しが立たない。歴史上、停戦し、講和に至った戦争を振り返る。■第二次世界大戦1939年9月1日に始まった第2次世界大戦は、連合国(英米仏ソ連など)が枢軸国(日独伊など)に勝った戦争である。イタリアでは、45年4月28日にムッソリーニがパルチザンに銃殺された。ドイツでは、4月3...
別窓で開く

国土割譲もやむなし、ウクライナに必要な早期和平協定 自衛隊の元幹部が戦況を徹底分析、戦争泥沼化を避ける手立て
 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻、いわゆるウクライナ戦争は11月24日で9か月となった。いまだ、ウクライナ戦争の終結に向けての和平交渉再開への道筋が見えてこない。 これまで4回の対面での交渉と1回のオンラインでの交渉が行われた。最後の第5回目の交渉は、3月29日、トルコの仲介によりイスタンブール...
別窓で開く

ロシアの生物・化学兵器全廃は真っ赤な嘘、最新型使用を準備中か ロシアが現在開発している生物・化学兵器を集中解説
 ロシアがウクライナに侵攻して以来、ロシアには核兵器ばかりでなく生物兵器や化学兵器の使用可能性が付きまとってきた。 キーウ占領に失敗した直後、ウラジーミル・プーチン大統領が特殊部隊の準備を命じたことから、核兵器の敷居が下がったといわれ、今にも使用されるのではないかと緊張が走った。 しかし、核兵器は出...
別窓で開く

ウクライナ侵攻を続けるロシアに接近するイランの思惑 「泣きつかれ、断れなかった」国際政治学者が解説
中東情勢に詳しい放送大学名誉教授で国際政治学者の高橋和夫氏が11月14日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演し、辛坊と対談。ウクライナ侵攻を続けるロシに武器の供与などで接近するイランの思惑について、「アメリカからいじめられて、仕方なく」と解説した。...
別窓で開く

ロシアとウクライナの戦いが驚くほど「コントロールされている戦争」である理由
地政学・戦略学者の奥山真司が11月1日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによるウクライナへのミサイル攻撃について解説した。...
別窓で開く

劣勢にあるロシアが「あらゆるものを使い反撃」 その一環としての「ウクライナ産穀物の輸出合意」無期限停止
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が10月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。ロシアのプーチン大統領(ロシア・サンクトペテルブルク) AFP=時事 写真提供:時事通信ロシアがウクライナ産穀物の輸出合意を無期限に停止ロシア国防省は10月...
別窓で開く


[ トルコ プーチン ] の関連キーワード

ウクライナ プーチン ロシア 自衛隊 イラン

<前へ12345678次へ>