本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 5月11日、西部メンヘングラッドバッハの競技場に無数のウクライナ国旗が揺れた。ロシアの軍事侵攻に苦しむウクライナの代表がドイツ1部リーグのボルシアMGとの親善試合に臨み、果敢なプレーにファンから大きな歓声が上がった。...
別窓で開く

「唖然としている」コロナ対策の不備でドイツ選手がFIVBに抗議。7月3日から大阪大会がスタート【ネーションズリーグ】
世界トップ16カ国が参加して開催中の国際バレーボール連盟(FIVB)主催『ネーションズリーグ』。ワールドクラスの選手たちが見せるハイレベルなプレー、それに引けを取らない女子・男子日本代表の際立ったパフォーマンスが観客を総立ちにさせ、連日盛り上がりを見せている。だが、新型コロナウィルスの余波を一掃する...
別窓で開く

【W杯を手繰り寄せた男たち|三都主アレサンドロ編】誰にでも愛される人間性と特別な武器。日本国籍取得から半年あまりで夢の舞台へ
 4年に一度の祭典、ワールドカップ。この大舞台に立つことを約束された者などいない。メンバー入りを巡る熾烈な争いで、本大会が近づくにつれて序列を覆したケースもある。日本が参戦した過去6大会で、W杯を手繰り寄せた男たちの知られざるストーリー。今回は、2002年1月の代表初招集から、約半年後の日韓大会で奇...
別窓で開く

CB補強が急務のセビージャ、ガラタサライDFマルコン獲得に迫る…本人は移籍に前向きな姿勢か
セビージャは、ガラタサライに所属するブラジル人DFマルコン獲得に迫っているようだ。28日付で、スペイン紙『アス』が報じている。 2021−22シーズンのラ・リーガで最少失点数の「30」を誇ったセビージャ。しかし今夏、堅牢な守備の一角を担っていたブラジル代表DFジエゴ・カルロスがアストン・ヴィラへ完全...
別窓で開く

元伊代表&元ローマのトンマージが故郷ヴェローナの市長に当選! 政界進出を果たした世界のサッカー選手の顔ぶれは?
現役時代はローマの他、国内外のクラブを渡り歩いた元イタリア代表MFのダミアーノ・トンマージが、故郷であるヴェネト州ヴェローナの市長に選出された。 イタリアのスポーツ紙『Gazzetta dello Sport』によれば、48歳のトンマージは無所属ながら、民主党(PD)を中心とした中道左派連合の公認を...
別窓で開く

あの熱狂から20年…日韓W杯でチームをベスト8に導いた監督たちの現在地
日韓ワールドカップ開催から今年で20周年だ。フィリップ・トルシエ氏が率いた日本代表はベスト16で敗退したが、その後も国内のサッカー熱は冷めやらず。横浜で行われたドイツ対ブラジルの決勝戦に至るまで、大いなる盛り上がりを見せた。? 2002年の6月21日と22日には準々決勝4試合が行われた。...
別窓で開く

丹羽孝希、初戦快勝で2回戦へ 17歳・吉山僚一は世界ランク17位に金星<卓球・WTTコンテンダーリマ>
<卓球・WTTコンテンダーリマ2022 日程:6月14日〜19日 場所:リマ(ペルー)>16日、WTTコンテンダーリマは3日目を迎え、男女シングルス1回戦と男女・混合ダブルス1回戦が終了した。丹羽が初戦快勝男子シングルス1回戦には、東京五輪代表の丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)が登場。...
別窓で開く

【チュニジア戦総評】吉田と遠藤が狙われ惨敗 そこから得られた教訓は?
 負け試合の後によく使われるフレーズとして、「これが本番ではなくて良かった」というのがある。0−3で敗れたチュニジア戦は、まさにこの言葉がぴったり当てはまる“教訓”となる試合だった。 *** 西アフリカのガーナは屈強なフィジカルを武器にするが、地中海に面した北アフリカのチュニジアはアラブ系のため、サ...
別窓で開く

「飛躍できなかったブラジルの才能10人」を英紙選出! 日本でプレーした2選手も…
 サッカーの王国ブラジルは、絶えずタレントを輩出する。きらりと光る才能を見せた選手は数知れない。ただ、そのすべてが世界のトップクラスで輝けるとは限らないのはもちろんだ。 英紙『Mirror』は6月11日、ゲーム『Football Manager』でかつて高く評価されながらも、期待されたような飛躍を遂...
別窓で開く

日本代表戦に臨むガーナ代表メンバーを発表! 主力の負傷離脱にも指揮官は自信「日本にとって厳しい試合になる」
あす開幕する『キリンカップサッカー2022』で日本代表と対戦するガーナ代表のナナ・オットー・アッド監督が9日、翌日に行われる日本戦の前日会見に出席。現在のチーム状況や今回大会に向けた意気込みなどを語った。 事前に相手チームをしっかり分析するというアッド監督は、日本のブラジル代表戦も見たといい、「我々...
別窓で開く