本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「彼はフロントコートに柔軟性をもたらしてくれる」カーHCが新加入のベテランの起用法に言及<DUNKSHOOT>
昨季、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンの三銃士を中心に、4年ぶり7度目のNBAチャンピオンになったゴールデンステイト・ウォリアーズ。 しかし、チームは今オフにオットー・ポーターJr.がトロント・ラプターズ、ゲイリー・ペイトン二世がポートランド・トレイルブレイザーズへ移籍...
別窓で開く

「最高にハッピーだ」ウォリアーズに加入した25歳のガードにグリーンが期待「チームを大いに助けてくれるだろう」<DUNKSHOOT>
今夏のFA(フリーエージェント)戦線で、王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは戦力ダウンを余儀なくされた。 プレーオフでもローテーション入りしていたオットー・ポーターJr.がトロント・ラプターズ、ゲイリー・ペイトン二世がポートランド・トレイルブレイザーズへそれぞれ移籍。...
別窓で開く

「今でもゾクゾクする」トンプソンが“941日ぶりの復帰戦”を回想。「僕はまだベストじゃない」と来季のさらなる飛躍も誓う<DUNKSHOOT>
現地時間6月30日、NBAではFA(フリーエージェント)選手たちとの交渉が解禁となり、初日から数多くの選手たちの契約延長や再契約、移籍が報じられている。 昨季王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは、当初こそ自軍のFA選手たちを引き留める方針を打ち出していたのだが、ゲイリー・ペイトン二世がポートランド...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】敬遠されがちな“13”。しかしチェンバレン、ハーデンの新旧スコアリングマシンのほか、ナッシュら海外出身選手も多く着用
“13”という数字が、キリスト教社会で敬遠されていることは周知の通りだ。かと言って誰もが忌み嫌っているわけではなく、逆説的にラッキーナンバーと捉える者もいる。NBAでも2019−20シーズンは16人が背番号13でプレーし、NBAの前身BAAが創設された1946年の時点でも、す...
別窓で開く

【欧州バスケ界の“仁義なき戦い”・後編】BCLがバスケ界で果たす役割とは?そして見所満載のファイナル8がいよいよ開幕!
ユーロリーグは「ユーロカップと同様に、バスケットボール・チャンピオンズリーグ(BCL)の優勝チームに翌シーズンのユーロリーグ参戦権を」というFIBA側の要求だけは固辞した。よって実際は、欧州でのセカンドカテゴリーのコンペティションはユーロカップであり、BCLは“亜流の大会”と...
別窓で開く

NBAからの欧州移籍は都落ちなのか?“元ドラフト2位”の逸材がユーロリーグでたどり着いた新境地
欧州各国のトップクラブが参戦し、約半年にわたって頂点の座を競い合うユーロリーグ。ここでは欧州のトッププレーヤーはもちろん、のちのNBA入りを目指す若武者や、活躍の場を求めて海を渡ったかつてのスターたちがひしめき合っている。現在ユーロリーグでその名を轟かせる元NBAプレーヤーをシリーズで紹介しよう。...
別窓で開く


<前へ1次へ>