本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「文句なしのタレント軍団」日本代表から“アジア版バロンドール”候補25名に三笘、堂安、古橋ら最多7名がノミネート!
 2013年版からスタートし、いまは“アジア版バロンドール”として定着しているのが、中国全国紙『Titan Sports』が主催する「ベストフットボーラー・イン・アジア」だ。本家のフランス専門誌『France Football』と連携し、こちらも世界中の著名なジャーナリストが...
別窓で開く

還暦を迎えたモウリーニョ、セリエA首位ナポリで大活躍中の韓国代表DFを巡り恨み節!「トッテナムは助けてくれなかった」
 現地時間1月29日に開催されるセリエA第20節のナポリ戦を前に、ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が記者会見に出席。対戦相手のキム・ミンジェにまつわる裏話を明かした。現地メディア『Football Italia』などが伝えている。 カタール・ワールドカップでも活躍した26歳の韓国代表DFは、母国でプ...
別窓で開く

「チョ・ギュソンでさえ行けない…」“カタール経由欧州行き”の韓国代表戦士はゼロ! 過小評価の現実に地元メディアも嘆き節
 欧州サッカーシーンにおける冬の移籍マーケットがクローズされるまで、残るはあと4日となった。これから最後の駆け込み移籍が続々と決まりそうだが、韓国サッカー界はさほど盛り上がっていないようだ。 カタール・ワールドカップにエントリーした韓国代表26名のうち、欧州クラブに籍を置く選手はFWソン・フンミン(...
別窓で開く

<サッカー>韓国代表選手「日本がうらやましい」の意味、日韓はここが違う!—香港メディア
香港メディアの香港01は25日、サッカーの韓国代表FWチョ・ギュソンの「苦境」に日韓の違いが見て取れるとの記事を掲載した。記事はまず、「先日のワールドカップ(W杯)カタール大会ではアジア勢の活躍が目立ち、香港人にとって関心の高い日本と韓国が特に話題になった」と説明。...
別窓で開く

明石家さんまがサッカー日本代表の“黒歴史”に言及「そういやあったな」
明石家さんま 画/彩賀ゆう (C)まいじつお笑い怪獣・明石家さんまが、1月15日放送の『行列のできる相談所』(日本テレビ系)3時間スペシャルで特別MCを務めた。番組内でサッカーW杯・カタール大会に出場したサッカー選手の黒歴史に触れ、視聴者がザワついている。...
別窓で開く

サッカーW杯の最中、ドイツで飛び出た日本人への差別的発言...アジア系住民への偏見や差別に、今こそ「ノー」を【海外通信@ドイツのいま】(高橋萌)
【海外通信@ドイツのいま】2022年、サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会での日本代表の活躍は日本中を熱狂の渦に巻き込みました。ドイツに暮らす日本人家庭の一つである我が家でも、ドイツ戦での勝利に、「ドイツ代表を相手によくぞ......!」と大いに歓喜しました。それと同時に、「勝者の顔をして街を...
別窓で開く

AIが世界中の国々をスーパーヴィランに変貌させた画像
「Midjourney」というAI(人工知能)画像生成サービスを使って、世界中の国々をスーパーヴィランにした画像がInstagramで公開されています。公開したのは「ailoubfreitas」というInstagramアカウントです。...
別窓で開く

C・ロナウド獲りのアル・ナスル…今度はブスケツ獲得へ? バルサとの契約は今夏で満了、年俸18億円を用意か
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得して注目を集めるアル・ナスル(サウジアラビア)が、バルセロナの元スペイン代表MFセルヒオ・ブスケツ獲得に興味を持っているようだ。9日、アメリカメディア『ESPN』が報じている。 同メディアによると、ブスケツとバルセロナの現行契約は今年の6月末まで。...
別窓で開く

「メッシの方が優れてると思った」C・ロナウド入団で“クビ”になったカメルーン代表FWが恨み節!? 海外紙も「奇妙な運命」に注目
昨年12月29日、サッカー界はひとりのクラッキの移籍によって騒然とした。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、サウジアラビア1部の名門アル・ナスルと契約したのである。 2025年までの契約期間で、年俸は約2億ドル(約268億円)。さらにクラブアドバイザーとして5年間で計5億ドル(約690億...
別窓で開く


[ トルコ カタール ] の関連キーワード

カメルーン カタール ドイツ 明石家 ドール
アジア ナポリ さんま