本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



イスラエル軍「発砲」に非難殺到=市民112人死亡、国連は調査要求—休戦交渉に悪影響も・ガザ
 【カイロ時事】パレスチナ自治区ガザの保健当局は2月29日、イスラエル軍が同日、北部で支援物資を待っていた人々に発砲し、112人が死亡したと発表した。ガザ当局は「大虐殺だ」と非難する一方、イスラエル側は「警告射撃をしただけ」と反論。しかし、国際社会からは「民間人への攻撃は正当化できない」(フランス)...
別窓で開く

「射撃システムが全て国産化!」近代化されたM60T主力戦車の納車式が行われる トルコ
ほぼ純国産パーツに?電子システムを全て国産化 トルコの防衛企業であるアセルサンは2024年2月12日、近代化されたM60T主力戦車の納車式を行い、最初の2両をトルコ陸軍に引き渡したと発表しました。 M60Tは元々イスラエル製の輸出用主力戦車「サブラ Mk.II」で、2007年にトルコが購入した際に自...
別窓で開く

金子拓郎がベティス撃破へ導く…町田浩樹、常本佳吾も16強入りに貢献/ECL決勝Tプレーオフ第2戦
ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)決勝トーナメントプレーオフ・セカンドレグの8試合が21日と22日に各地で開催された。 ユニオン・サン・ジロワーズ(ベルギー)とフランクフルト(ドイツ)が激突したファーストレグは、2−2で終了。フランクフルトのホームに移ったセカンドレグは、後半に入った47分に動...
別窓で開く

エスカレートする国家衝突 変わるか?食の世界地図
パスタ輸入国のトップは依然イタリアだが安価で一定品質のトルコ産が伸びている。昨年の輸入量の差は5千t強まで縮まった。▼中東情勢の緊迫化が欧州からの食材輸入に影響をもたらしている。昨秋以降、フーシ派による商船への攻撃が頻繁に起きており、スエズ運河を通過するコンテナ船は減少。多くが喜望峰を通るルートに迂...
別窓で開く

「十字マークはちょっと…」「月のマークもちょっと…」 実は複数ある公式「赤十字マークの代わり」知ってますか?
病院や救急車などの車両や、自衛隊の衛生部隊などは、目立つ部分に赤十字をつけています。国際的に救護活動をする人や車両を示すマークとして認められていますが、どのような経緯で定着することになったのでしょうか。敵味方関係なく救護するという証 病院や救急車などの車両や、自衛隊の衛生部隊などは、目立つ部分に赤十...
別窓で開く

2024−25UEFAネーションズリーグ組み合わせが決定! 今年9月に開幕
UEFA(欧州サッカー連盟)が主催する2024−25シーズンのUEFAネーションズリーグ(UNL)の組み合わせ抽選会が8日にパリで開催された。 ネーションズリーグは2年に1度行われるナショナルチームによる国際大会。UEFAランキングに応じて、最高位のAリーグから最下位のDリーグに分けられる(Aリーグ...
別窓で開く

(プレスリリース)Kaspersky、インターポールにサイバー脅威データを提供し、国際的なサイバー犯罪捜査に協力 〜「Synergia」作戦が50カ国以上で展開
[本リリースは、2024年2月1日にKasperskyが発表したプレスリリースに基づき作成したものです]--【概要】---Kasperskyはこのたび、国際刑事警察機構(インターポール)および各国の法執行機関と民間組織で構成する「Gateway」プロジェクトにおける「Synergia(シナジア)」作...
別窓で開く

(プレスリリース)スクープ!不動産取引とフロント企業を駆使して利益を還流させるその複雑なシステムを暴く『株式会社ハマス』ニューズウィーク日本版2/13号は好評発売中!
【編集長から】2月6日発売号の特集「株式会社ハマス」は英語版のスクープです。昨年10月7日のイスラエル襲撃事件を起こしたイスラム組織ハマスは、世界に広がる集金網から潤沢な資金を得ています。トルコやUAE、サウジアラビアといった中東諸国だけでなくヨーロッパにまで広がるそのネットワークと、フロント企業の...
別窓で開く

『ハマス・パレスチナ・イスラエル——メディアが隠す事実』著者:飯山陽〜話題の1冊☆著者インタビュー
『ハマス・パレスチナ・イスラエル——メディアが隠す事実』扶桑社新書 『ハマス・パレスチナ・イスラエル——メディアが隠す事実』扶桑社新書/1100円飯山陽(いいやま・あかり)1976(昭和51)年東京生まれ。イスラム思想研究者。麗澤大学国際問題研究センター客員教授。上智大学文学部史学科卒。...
別窓で開く

【舛添要一連載】アメリカの覇権揺るがす「拡大BRICS」 石油戦略が発動された時、国際秩序は一変する
今、新興のBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)が世界の注目を集めている。【関連記事】舛添要一氏連載『国際政治の表と裏』、前回の記事を読む ■BRICSとは第二次世界大戦後に、米ソ冷戦という東西対立の枠組みと共に、豊かな先進国(北)と貧しい発展途上国(南)の対立という南北...
別窓で開く