本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本も参考にするべきウクライナの「長距離ドローン」の運用 ロシア軍の軍用飛行場を攻撃
ジャーナリストの佐々木俊尚が12月7日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシア領内を攻撃したウクライナ軍の長距離ドローンについて解説した。【ウクライナ侵攻】記者会見するウクライナのゼレンスキー大統領=2022年4月23日午後、ウクライナ・キーウ 写真提供:産経新聞社ウクライ...
別窓で開く

江頭2:50、YouTubeで初海外ロケを敢行した国が「チャレンジング」すぎるワケ
 今や356万人の登録者数を誇るお笑いタレント・江頭2:50のYouTubeチャンネル〈エガちゃんねる EGA-CHANNEL〉が、初の海外ロケを公開した。 その国とは、アラブ首長国連邦(略称・UAE)。この国のテーマパーク「フェラーリ・ワールド」には、世界最高速度240km/hのローラーコースター...
別窓で開く

ウクライナ無人機攻撃で露本土被害、プーチン政権に衝撃…「防空網に不備」批判も
 ロシアの首都モスクワの南東約200キロ・メートルに位置するリャザン州と、南部サラトフ州の飛行場が、ウクライナの無人機(ドローン)によるとみられる攻撃を受けたことは、プーチン政権に大きな衝撃を与えた。露軍は5日、報復としてウクライナのエネルギー施設などにミサイル攻撃を展開したが、露国内では防空網の不...
別窓で開く

スペイン、日本戦からスタメン5人変更…“最後の砦”モロッコはツィエクら先発
6日に行われるFIFAワールドカップカタール2022・ラウンド16 モロッコ代表vsスペイン代表のスターティングメンバーが発表された。 グループFを首位で通過したモロッコ代表は、欧州・南米勢以外で唯一の生き残りに。アフリカ勢初のベスト4以上に向けて、ワリド・レグラギ監督は、ハキム・ツィエクやアクラフ...
別窓で開く

3ガガヘッズがトルコツアー公演の成果報告「移動日以外は毎日のようにライブをやっていました」
ワハハ本舗の2人組パフォーマンスグループ、3(さん)ガガヘッズが、6日に東京・新宿バティオスで「3ガガヘッズ勝手にトルコツアー凱旋公演『THE BODY TIGHTS MEN SHOW』」を開いた。トニー淳(48)と正源敬三(52)の2人は、世界中で呼ばれもしないのに旅費自己負担で訪問し、無料で全身...
別窓で開く

クロアチア代表、W杯の決勝T直近5試合で4度の延長戦…日本代表を飲み込んだ“不屈の魂”
FIFAワールドカップカタール2022・決勝トーナメント1回戦で日本代表と対戦し、PK戦の末に、ベスト8進出を決めたクロアチア代表。そんな同国代表は、メジャー大会(W杯とEURO)の決勝トーナメントにおける直近8試合のうち、7試合で延長戦を戦っているようだ。...
別窓で開く

スカーフ強制、変化なし=風紀警察廃止に疑問符—イラン
 【イスタンブール時事】イランの検察幹部は3日、国民の服装を監視する風紀警察の「廃止」に言及した。しかし、その後も頭部を覆うスカーフの着用を女性に強制する方針に変化は見られず、従来通り治安当局の取り締まりの対象となる公算が大きい。 現地メディアの報道によると、モンタゼリ検事総長は宗教関係者らとの会合...
別窓で開く

森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎
(試合後、日本サポーターに深々と頭を下げる森保監督(C)JMPA) 日本が前回準優勝のクロアチアと対戦し、PK戦までもつれた死闘の末、力尽きた。 2002年日韓大会はトルコに0−1、10年南アフリカ大会はパラグアイにPK戦で、18年ロシア大会はベルギーに2−3と、いずれも16強の壁を越えられなかった...
別窓で開く

日本、惜敗でベスト8ならず TBS安住アナが伝えた「26年W杯」で起きる変化
サッカーW杯決勝トーナメントで日本は、日本時間6日(2022年12月)未明、クロアチアとの対戦で1-1の同点のまま延長戦でも決着がつかず、PK戦で3-1で敗れ、初のベスト8進出はならなかった。「THE TIME,」MCの安住紳一郎(49)は「次の2026年W杯は、32の出場チームが48チームへと大幅...
別窓で開く

泥沼状態のウクライナ戦争 停戦の鍵握るのは軍事、政治、経済の「限界」
ウクライナ戦争は停戦の見通しが立たない。歴史上、停戦し、講和に至った戦争を振り返る。■第二次世界大戦1939年9月1日に始まった第2次世界大戦は、連合国(英米仏ソ連など)が枢軸国(日独伊など)に勝った戦争である。イタリアでは、45年4月28日にムッソリーニがパルチザンに銃殺された。ドイツでは、4月3...
別窓で開く