本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



レブロン、マジック、ジャバー…NBAの歴代ベスト“ドラフト1位チーム”を識者が選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、なかでも毎年注目されるのが、その年のNo.1プレーヤーと目される「ドラフト1位選手」だ。...
別窓で開く

レブロンにとっての“GOAT”だったカルーソ。ドラフト指名漏れした男がリーグ有数の名脇役になるまで<DUNKSHOOT>
NBAで日常的に話題をさらうのはスター選手たちだが、そんな彼らも「名脇役」がいてこそ輝ける。 その中の1人が、ガードのアレックス・カルーソだ。 2020年にロサンゼルス・レイカーズでチャンピオンを獲得したメンバーである彼は、今季入団したシカゴ・ブルズでもめきめきとプレータイムを伸ばし、得意のスティー...
別窓で開く

2WAY契約から這い上がった苦労人カルーソが、レブロン&デイビスの2大エースから評価される理由
2019−20シーズンのNBAはロサンゼルス・レイカーズが10年ぶり17回目のチャンピオンに輝いた。チームを牽引したのはファイナルMVPに輝いたレブロン・ジェームズと、アンソニー・デイビス(AD)だったが、この最強デュオを支えるロールプレーヤーの活躍も光った。 なかでもこの1年で大きな成長を見せたの...
別窓で開く


<前へ1次へ>