本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



サッカー研究機関による「推定移籍金ランキング」でエムバエペが約267億円で1位に! トップ100に入ったアジア人選手は?
国際サッカー連盟(FIFA)の教育研究機関でもある、スイスを拠点とするサッカー関連研究機関「CIESフットボール・オブザーバトリー」が6月6日、最新の「推定移籍金ランキング」を発表した。...
別窓で開く

ファン・ダイク、ベイル、ヴィニシウス…FIFAの「W杯でプレーしたことがないスター」に選出された日本代表戦士は?
 国際サッカー連盟(FIFA)は6月2日、公式インスタグラムで「まだワールドカップで1分もプレーしたことがないスター」16人を発表した。 今回選ばれたのは、今年11月に開幕するカタールW杯に出場する可能性のある16人だ。...
別窓で開く

欧州サッカー調査機関が“5大リーグ”のベストイレブンを発表! メッシ、C・ロナウドの二大巨星は選ばれず、最年少は18歳
欧州主要国は先週末に国内リーグの全日程を終了。各国で熾烈かつスリリングな戦いが展開される中で、選手たちは最後まで懸命のプレーを披露し、世界中の人々を大いに魅了した。 これを受け、スイスのサッカー専門調査機関「CIES Football Observatory」は、UEFA(欧州サッカー連盟)に加盟す...
別窓で開く

ぺドリ、ハーランド、フォデン…近未来の「天下取り」は可能か? 新時代を創る十人の麒麟児を徹底解剖!【ワールドサッカーダイジェスト最新号は5月19日発売】
 5月19日(木)発売のワールドサッカーダイジェスト最新号は、新時代を担うヤングタレントを特集します。 フットボール界はいま、ひとつの転機を迎えていると言っていいでしょう。長らく頂点に君臨してきたリオネル・メッシとクリスチアーノ・ロナウドに代わって、ペドリやアーリング・ハーランドら2000年代生まれ...
別窓で開く

「自分がロナウドで、キャプテンがマグワイアだと想像してみると…」バイエルンの21歳DFがマンUの“主将問題”を語る
 カナダ代表DFアルフォンソ・デイビスが、マンチェスター・ユナイテッドで苦しい時を過ごす、イングランド代表DFハリー・マグワイアのキャプテンシーについて語った。 自身の安定しないパフォーマンスと、厳しいチーム状況が相まって、ファンから批判の的とされているマグワイア。...
別窓で開く

メッシの驚愕サラリー「700億円」でどんなチームが作れる? 移籍専門サイトが選出した11人が超豪華!
 先月末、スペインの一般紙『El Mundo』がすっぱ抜いたリオネル・メッシとバルセロナの契約内容は、世界に衝撃を与えた。 明らかになったのは、2017年11月に交わした21年夏までの4年契約の詳細だ。...
別窓で開く

堂々の1位は驚異の125億円まで急上昇! コロナ禍の2020年に最も市場価値を高めた選手ランキングを紹介
 新型コロナウイルスによるパンデミックで、サッカー界も大きな経済的打撃を受けた。各国のリーグやクラブは厳しい状況下でのやり繰りを強いられており、一時期のように天文学的な金額での移籍が実現する可能性は低くなっている。 それでも、ピッチでの活躍が市場価値を高めることに変わりはない。...
別窓で開く

レバンドフスキが年間MVP、ソン・フンミンがプスカシュ賞に!最優秀監督やベスト11などFIFAアウォーズの全受賞者を一覧
 現地時間12月17日、2020年のFIFA年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」がオンライン形式で開催された。 注目の最優秀選手賞は、男子がエースとしてバイエルンにブンデスリーガ、DFBカップ、チャンピオンズ・リーグ(CL)の3冠をもたらしたロベルト・レバンドフスキが初受賞。...
別窓で開く

ハーランド、トーレス、トナーリ……メッシ後世代の天才フットボーラー図鑑〜2000年生まれ編
すでにワールドクラスの領域に足を踏み入れている、ハーランド、デイビス、サンチョの3人が2000年生まれの出世頭。今後さらに出番を増やしそうなヴィニシウスとフォデン、今夏メガクラブに新天地を求めたフェランやトナーリなどにも注目だ。◆FWアーリング・ハーランド(ドルトムント/ノルウェー代表) 身長:19...
別窓で開く

欧州5大リーグで「最も価値ある若手選手」を調査機関が発表!久保建英も上位にランクイン!
サッカー調査機関「CIESフットボール・オブザーバトリー」が、欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス)でプレーする、2000年以降に生まれた選手の市場価値を算出し、トップ100人を発表した。...
別窓で開く


<前へ12次へ>