本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



サッカー研究機関による「推定移籍金ランキング」でエムバエペが約267億円で1位に! トップ100に入ったアジア人選手は?
国際サッカー連盟(FIFA)の教育研究機関でもある、スイスを拠点とするサッカー関連研究機関「CIESフットボール・オブザーバトリー」が6月6日、最新の「推定移籍金ランキング」を発表した。...
別窓で開く

ファン・ダイク、ベイル、ヴィニシウス…FIFAの「W杯でプレーしたことがないスター」に選出された日本代表戦士は?
 国際サッカー連盟(FIFA)は6月2日、公式インスタグラムで「まだワールドカップで1分もプレーしたことがないスター」16人を発表した。 今回選ばれたのは、今年11月に開幕するカタールW杯に出場する可能性のある16人だ。...
別窓で開く

ぺドリ、ハーランド、フォデン…近未来の「天下取り」は可能か? 新時代を創る十人の麒麟児を徹底解剖!【ワールドサッカーダイジェスト最新号は5月19日発売】
 5月19日(木)発売のワールドサッカーダイジェスト最新号は、新時代を担うヤングタレントを特集します。 フットボール界はいま、ひとつの転機を迎えていると言っていいでしょう。長らく頂点に君臨してきたリオネル・メッシとクリスチアーノ・ロナウドに代わって、ペドリやアーリング・ハーランドら2000年代生まれ...
別窓で開く

「自分がロナウドで、キャプテンがマグワイアだと想像してみると…」バイエルンの21歳DFがマンUの“主将問題”を語る
 カナダ代表DFアルフォンソ・デイビスが、マンチェスター・ユナイテッドで苦しい時を過ごす、イングランド代表DFハリー・マグワイアのキャプテンシーについて語った。 自身の安定しないパフォーマンスと、厳しいチーム状況が相まって、ファンから批判の的とされているマグワイア。...
別窓で開く

平均30点も視野に入れる今季のレブロンは何位?現地メディアが“37歳以上”の平均得点TOP10を発表!<DUNKSHOOT>
昨年12月30日、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズが37歳の誕生日を迎えた。多くの選手は30歳を超えると徐々に衰えが見え始め、それまでチームのエースを任されていた選手は役割の変更を余儀なくされたり、他球団へ移籍、そして30代中盤で引退するのが一般的だが、レブロンは依然としてNBAのトッ...
別窓で開く

永久欠番のノビツキーにカリーやドンチッチ、母国ドイツの選手が賛辞「歴代最高のシューターの1人」「重要なのはその人柄」<DUNKSHOOT>
現地時間1月5日(日本時間6日)、ダラス・マーベリックスはホームのアメリカン・エアラインズ・センターで行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズとの一戦を99−82で制し、記念すべき夜を迎えた。 試合後、マブズはフランチャイズ史上最高の功労者であるダーク・ノビツキーの背番号41の永久欠番セレモニーを...
別窓で開く

惨敗バルサ、21年ぶりのCLグループステージ敗退! バイエルンに再び3失点、ベンフィカに抜かれGS3位に転落
 現地時間12月8日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ最終節(E組)で、バルセロナがベスト16進出を懸けて、すでに首位通過を決めているバイエルンのホームに乗り込んだ。 勝てば文句なし、引分け以下ならディナモ・キエフをホームに迎えたベンフィカの結果次第となるバルサは、34分に...
別窓で開く

NBA創設75周年記念チームに選ばれた?意外な選手”と?落選した選手”<DUNKSHOOT>
現地10月19日から21日にかけて、NBAは創設75周年を記念して“偉大な75人”を発表した(投票結果タイにより、最終的に76人が選出)。 メディア、現役および元選手、コーチ、ゼネラルマネージャー、チーム幹部たちで構成される選考委員会によって選ばれた75人の顔ぶれは豪華そのも...
別窓で開く

レバンドフスキ、18歳ムシアラらのゴールでバイエルンが4点奪取! ナーゲルスマンの古巣ライプツィヒを打破
 現地時間9月11日、ブンデスリーガ第4節が行なわれ、RBライプツィヒ対バイエルンの試合が行なわれた。 アウェーの絶対王者を率いる34歳指揮官ユリアン・ナーゲルスマンは、昨季のホームに敵将として来訪。スタジアムには約3万人が詰めかけ、注目のカードを見守った。 まず試合が動いたのは12分。...
別窓で開く

レバンドフスキが圧巻2ゴール! バイエルンが宿敵ドルトムントを3発撃破、2年連続最多9度目の戴冠【ドイツ・スーパーカップ】
 現地時間8月17日、ドイツ・スーパーカップが開催され、昨シーズンのブンデスリーガ王者バイエルンと、DFBカップを制したドルトムントが、後者の本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクで激突した。 3年連続の「デア・クラシカー」となったこの一戦(19年はドルトムント、20年はバイエルンが勝利)は、序盤から攻守...
別窓で開く



<前へ1234次へ>