本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新体制のレイカーズが“暴れん坊”ウォーレスをアシスタントコーチに採用?ハムHCは「ラシードは候補者の1人」<DUNKSHOOT>
昨夏にロサンゼルス・レイカーズはレブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスの2枚看板に、ラッセル・ウエストブルックやカーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードといったビッグネームを獲得。2年ぶりの優勝が期待されたが、彼らは全く機能せずウエスタン・カンファレンス11位(33勝49敗/勝率40.2%)に沈...
別窓で開く

シャックが古巣の次期HCに元ウォリアーズのジャクソンを推薦!「レブロン、ラスと共に同じことをやれるだろう」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズン開幕前、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスの2枚看板に、万能戦士のラッセル・ウエストブルック、スコアラーのカーメロ・アンソニー、元オールスターセンターのドワイト・ハワードら大物を獲得したロサンゼルス・レイカーズは、今季の優勝候補に挙げられていた。...
別窓で開く

レイカーズの次期HC候補に“カリーの恩師”ジャクソンが浮上。元選手は「彼は対処方法を把握している」とプッシュ!<DUNKSHOOT>
2021−22レギュラーシーズン終了から一夜明けた現地時間4月11日、ロサンゼルス・レイカーズはフランク・ヴォーゲル・ヘッドコーチ(HC)の解任を発表した。 2019年にレイカーズのHCに就任したヴォーゲルは、3シーズンで127勝98敗(勝率56.4%)を記録。...
別窓で開く

“キング”レブロンが「ベスト5」から陥落。各チームのGMが選んだ各ポジションの最強プレーヤーは?<DUNKSHOOT>
現地時間10月5日(日本時間6日)、今年の「GMサーベイ」の結果が『NBA.com』で公開された。これは全30チームのGMが様々な項目に答え、それを集計しランキング化した毎年恒例の企画だ。  ここでは2021−22シーズンの予想、選手編を見ていこう(チーム名は略称、カッコ内の数字は得票率)。...
別窓で開く

最強の“ビッグ3”はネッツ、それともレイカーズ?新作ゲームにおける評価が話題に<DUNKSHOOT>
今年1月にブルックリン・ネッツがジェームズ・ハーデンを獲得し、ケビン・デュラント、カイリー・アービングという超強力なビッグ3が生まれた。さらに今夏には、ロサンゼルス・レイカーズが大型トレードでラッセル・ウエストブルックを加え、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスとのビッグ3を完成させた。...
別窓で開く

選手年俸はどれほど高騰した?30年前はレジェンドクラスも今季の新人と同程度【NBAサラリーランキング・PG番外編】〈DUNKSHOOT〉
2019−20シーズンにおけるNBA選手の平均年俸は、1人あたり約832万ドル(約8億6271万円)。これは、全世界のスポーツにおいて最も高額なサラリーであり、同じ北米4大スポーツのMLB(約403万ドル/4億1796万円)やNFL(約326万ドル/3億3810万円)、NHL(約269万ドル/2億7...
別窓で開く

ロケッツはハーデンの独壇場…マブズ、スパーズの記録保持者は?チーム別1試合得点ランキング【サウスウエスト編】
連日のようにハイスコアゲームが展開されるNBAでは、今季もステフィン・カリーが62得点を叩き出すなど1人の選手が大量得点をあげることも珍しくない。しかし、創設74年の歴史を誇るリーグにはまだまだ驚くべき記録を持つレジェンドたちが存在する。そこで今回は、それぞれのチームにおける1試合最多得点の記録保持...
別窓で開く

9人のオールスターを輩出するも…。1999年ドラフト組の印象に影を落とした2位指名選手の凋落【NBAドラフト史】
オールスター選手を何名輩出しているかは、ドラフトクラスの実力を計る上でのひとつの指標となる。だが1999年のドラフト組は、9人のオールスター選手を擁しているにもかかわらず、その印象は希薄だ。それなりの実力者は揃うが突出した選手は皆無という、なんとも煮え切らない年。それが1999年組だった。...
別窓で開く

レブロン&デイビスが躍動しジャズを撃破!レイカーズが10年ぶりにウエスト第1シードの座を獲得
8月3日(日本時間4日)、ウエスタン・カンファレンス首位のロサンゼルス・レイカーズは同5位のユタ・ジャズと対戦した。 レイカーズはシーディングゲーム(順位決定戦)初戦でライバルのロサンゼルス・クリッパーズに2点差で勝利。幸先の良いスタートを切ったものの、2戦目のトロント・ラプターズ戦ではフィールドゴ...
別窓で開く

ブレイザーズOBのラシード・ウォーレスがピッペンを絶賛!「彼のリーダーシップがチームの躍進を後押しした」
ポートランド・トレイルブレイザーズは1982−83シーズンから2002−03シーズンまで、21年連続でプレーオフへ進出し、90、92年にはクライド・ドレクスラーを中心にファイナルまで勝ち進んだ。 90年はデトロイト・ピストンズ、92年はシカゴ・ブルズの前に敗れたが、その後もファイナル進出が期待された...
別窓で開く


<前へ12次へ>