本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



なぜ無敵のセルティックは崩壊したのか。地元メディアが見解「前田、古橋、旗手らはポステコグルーのために集められた」
 古橋亨梧や前田大然、旗手怜央ら日本人選手たちが所属するセルティックは、この3シーズンで最も難しい時期にある。 2月17日のスコットランドリーグ第26節で、セルティックはホームでキルマーノックと1−1で引き分けた。2週間前もアバディーンと引き分けており、ここ3試合で2回目のドローだ。...
別窓で開く

「問題はキョウゴではなく、供給がないこと」“古橋外し”を求めるセルティックサポの声に地元メディアが反論!「解決策ではない」
 セルティックの古橋亨梧が、過去2シーズンほど得点を量産できていないのは周知のとおりだ。 ブレンダン・ロジャース監督率いるセルティックは、2月3日のリーグ前節アバディーン戦で1−1と引き分け、2ポイントを逃すかたちとなった。宿敵レンジャーズとポイントで並んでいる。 アバディーン戦でもゴールがなかった...
別窓で開く

「同点で交代は驚いた」古橋亨梧をベンチに下げた采配にレジェンドOBが苦言「ゴールが必要なときは、ベストプレーヤーをピッチにとどめるものだ」
 セルティックは11月25日、スコットランドリーグの第14節でマザーウェルと1−1で引き分けた。 アバディーン戦では大量6ゴールで快勝したセルティックだが、マザーウェル戦ではスコアレスで前半を終了。後半の頭からオ・ヒョンギュを投入するなどしたが、得点を奪えないまま、77分には古橋亨梧をベンチに下げる...
別窓で開く

古橋享梧、アバディーン戦での持ち味発揮のゴールに「今季最高のパフォーマンス」と現地メディア報道! 負傷退場については「吐き気を催すような頭同士の衝突」
現地時間11月12日に行なわれたスコティッシュ・プレミアシップの第13節で、セルティックはアバディーンに6-0で大勝し、3連勝を飾って首位を独走している。 序盤から主導権を握り、開始6分でヤン・ヒョンジュンのヘッド弾で先制すると、16分にはマット・オライリーのクロスをニアで古橋享梧が合わせて2点目。...
別窓で開く

「レッドを出さなかった主審は明確なミス」古橋亨梧への危険な“頭突き”を英メディアが糾弾!「本当にショッキング」
 セルティックの古橋亨梧は11月12日、スコットランドリーグ第13節のアバディーン戦で、後半の早い時間帯に交代を余儀なくされた。 古橋は16分、ゴール前でニアポストに飛び込み、マット・オライリーの折り返しに合わせ、リーグ戦で4試合ぶりとなる今季6点目をマークしている。...
別窓で開く

「ハタテはMFのトッププレーヤー」セルティック旗手怜央が怪我から復帰と現地報道。ロジャース監督は「戻ってきて本当に嬉しい」
 セルティックの旗手怜央の復帰が近づいているようだ。9月13日、クラブ専門メディア『The Celtic Star』が伝えている。 加入2年目の昨季、旗手はリーグ戦で32試合に出場するなど、主力としてクラブの国内3冠達成に貢献。同様の活躍を期待された今季だったが、スコットランドリーグ第2節・アバディ...
別窓で開く

「最初のオファーを断ったが…」旗手怜央がセルティックと契約延長か「交渉には応じている」と英メディアが報道
 旗手怜央がセルティックとの契約延長に向けた話し合いを進めているようだ。現地時間9月5日、英メディア『Give Me Sport』が伝えている。 旗手は昨季、セルティックの主力としてチームの3冠に大きく貢献。しかし今季はブレンダン・ロジャース新監督のもと、開幕2試合はベンチスタート。...
別窓で開く

古橋亨梧&旗手怜央、トッテナムからの引き抜きにセルティックが“恐れ”? 地元記者が見解「何もないのを願っている」
 移籍市場は最後まで何があるか分からない。強豪からの呼びかけで、絶対的主力の電撃移籍もあり得るのは、遠藤航の例が示している。 セルティックの古橋亨梧はこの夏、クラブとの契約を延長した。だが、ディーン・ジョーンズ記者は、まだ古橋が恩師アンジェ・ポステコグルー率いるトッテナムに移籍する可能性を除外してい...
別窓で開く

「監督を煩わせることを何かしたのか...」先発落ち続く旗手怜央の苦境に宿敵OBも疑念「新契約にサインしないなら、1月に売却されるのではないか」
 開幕から2戦連続で先発から外れたセルティックの旗手怜央だが、クラブと新契約に向けた交渉を始めたとも言われている。だが、場合によってはシーズン中の放出もあるとの声も上がった。 ブレンダン・ロジャース監督の下でスタメンの座を失いつつある旗手。ただ地元紙『Daily Record』は先日、セルティックが...
別窓で開く

「彼の決定力は凄まじい」「動きは最高級」2戦連発の古橋亨梧をセルティック指揮官が絶賛!「見事なタッチで決めてくれた」
 8月13日に開催されたスコットランドリーグの第2節で、日本人5選手を擁するセルティックは、アウェーでアバディーンと対戦。3−1で快勝を収めた。 この一戦で貴重な勝ち越しゴールを奪ったのが、CFで先発した古橋亨梧だ。1−1で迎えた29分、相手DFがバックヘッドの処理を誤ったところを突いてボールを収め...
別窓で開く


<前へ12次へ>