本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“アナ雪効果”で最強クローザー復活!?ドジャースの守護神キンブレルが登場曲を変えた理由<SLUGGER>
何かのきっかけで、人間だれしもが大きく変わるチャンスがある。もしかしたら、球史に残る大クローザーにとって、登場曲の変更がそうなるかかもしれない。 今季のメジャーリーグで話題沸騰の登場曲と言えば、メッツの守護神エドウィン・ディアズの「Narcos」だろう。...
別窓で開く

“記念出場”のはずのプーホルスが衝撃の1回戦突破、若い力が激突した決勝戦——球宴ホームラン・ダービーは今年もドラマづくめ!<SLUGGER>
現地7月18日、ドジャー・スタジアムでは球宴ホームラン・ダービーが開催。全8選手が激しくしのぎを削った末にホアン・ソト(ナショナルズ)がフリオ・ロドリゲス(マリナーズ)を下して初優勝を飾った。今大会で生まれた多くのドラマをまとめてみよう。...
別窓で開く

“途中解任された名将”マッドンの大先輩?ビリー・マーティンをめぐる愛と憎しみの“三角関係”【ダークサイドMLB】<SLUGGER>
現地6月7日、エンジェルスのジョー・マッドン監督が電撃解任された。名将と呼ばれる人物がシーズン半ばでクビになるのは異例のことだが、それでも初めてとは言えない。ここではMLBの“名将”途中解任の代表例であるヤンキースのビリー・マーティン監督と、彼をめぐるオーナーのジョージ・スタ...
別窓で開く

「歴代最高の先発1・2番手!」シャーザーが年平均45億円超でメッツ入りとの報道に現地も驚愕! デグロムとの“最強”コンビ結成?
現地時間11月28日、メジャーリーグは数々の大型契約が成立した。 今季トロント・ブルージェイズで二塁手歴代最多45本塁打を放ったマーカス・セミエンが7年1億7500万ドル(約198億円)でテキサス・レンジャーズと契約すれば、そのブルージェイズは今季サンフランシスコ・ジャイアンツの先発エースとして活躍...
別窓で開く

ドジャースで再起を図る筒香嘉智が見本にするべき苦労人2人の「シンデレラ・ストーリー」<SLUGGER>
ユニフォームの色を濃紺からドジャーブルーに変えて、筒香嘉智(ドジャース)がリスタートを切っている。5月19日(現地)のダイヤモンドバックス戦では4番・レフトでスタメン出場し、移籍後初ヒットと初打点を記録した。 課題の打撃について、デーブ・ロバーツ監督は「うちのコーチ陣は欠点や修正点を分かっている」と...
別窓で開く


<前へ1次へ>