本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大谷翔平、104年ぶりの偉業達成! イチローを抜き、50年前の快挙を呼び起こし、そしてルースに並ぶ記録づくめの伝説の日に
現球界で唯一無二の二刀流を貫く男が、レジェンドに並ぶ一打を放った。 現地時間8月9日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれているオークランド・アスレティックス戦に「2番・DH兼投手」で先発出場。7回表の第3打席で25号のソロホームランを放った。...
別窓で開く

「彼の声を聞けば、映像なんて要らない」67年間ドジャース戦の実況を務めたヴィン・スカリーとファンの“幸福すぎる関係”<SLUGGER>
8月2日(現地時間)、ドジャース戦の実況アナウンサーとして67年の長きにわたってファンに親しまれたヴィン・スカリーが、94年の人生に幕を下ろした。 彼の名は「同一球団で最も長期間実況を務めた人物」としてギネスブックにも掲載されている。米スポーツ専門誌『Sports Illustrated』が2006...
別窓で開く

仰木監督が見出した元ドラ1、MLB通算601セーブの殿堂入りクローザー。根尾昂の指針となり得る「投手転向の成功例」<SLUGGER>
中日の立浪和義監督が根尾昂の投手転向を発表した。 野手から投手へのコンバートは、日本では数少ないがまったくないわけではなく、アメリカではむしろ盛んに行なわれている。ここでは過去にあった日米における成功例をそれぞれ見ていこう。 NPBの投手コンバートについて特筆すべき名伯楽が、1994年から2001年...
別窓で開く

土壇場での“ショータイム”に敵将は嘆き! 大谷翔平のフェン直同点タイムリーは「凄まじい打球だった」
土壇場で見せつけた“ハイパフォーマンス”には、敵将も感服するしかなかった。【動画】大谷が土壇場で魅せた! “フェン直同点打&激走サヨナラ生還”をチェック 現地時間5月8日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたワシントン・ナショナル...
別窓で開く

史上最も強烈なキャラクターを持つ名将——トミー・ラソーダの爆笑エピソード3選
「オレの体にはドジャーブルーの血が流れているんだ!」 現地時間1月7日に93歳で亡くなった元ドジャースの名将トミー・ラソーダのこの名言は、日本でもよく知られている。このような印象深い言葉を生むセンスからも分かるように、ラソーダは他の監督とは一線を画すアクの強いキャラクターでも知られていた。...
別窓で開く


<前へ1次へ>