本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「彼の声を聞けば、映像なんて要らない」67年間ドジャース戦の実況を務めたヴィン・スカリーとファンの“幸福すぎる関係”<SLUGGER>
8月2日(現地時間)、ドジャース戦の実況アナウンサーとして67年の長きにわたってファンに親しまれたヴィン・スカリーが、94年の人生に幕を下ろした。 彼の名は「同一球団で最も長期間実況を務めた人物」としてギネスブックにも掲載されている。米スポーツ専門誌『Sports Illustrated』が2006...
別窓で開く

「日本の至宝がノーヒッターを破るのは皮肉だ」——大谷翔平の痛烈な一撃に敵将が明かした偉業未達成左腕の本音
9回1死までノーヒットを続ける相手先発に大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は痛烈な一撃を喰らわせた。 現地時間6月15日、敵地で行なわれたロサンゼルス・ドジャース戦で、エンジェルスは左腕タイラー・アンダーソンの好投に苦戦。最終回までノーヒットに抑えられていた。 そして0対4で迎えたラストでイニン...
別窓で開く

仰木監督が見出した元ドラ1、MLB通算601セーブの殿堂入りクローザー。根尾昂の指針となり得る「投手転向の成功例」<SLUGGER>
中日の立浪和義監督が根尾昂の投手転向を発表した。 野手から投手へのコンバートは、日本では数少ないがまったくないわけではなく、アメリカではむしろ盛んに行なわれている。ここでは過去にあった日米における成功例をそれぞれ見ていこう。 NPBの投手コンバートについて特筆すべき名伯楽が、1994年から2001年...
別窓で開く

佐々木朗希は「もっと良くなる」。完全試合中の降板も井口監督の決断を米記者は高評!カーショウを引き合いに賛辞
惜しくも大記録を成立させられはしなかった。しかし、弱冠二十歳の投球は、間違いなく球史に残るそれだった。【動画】日ハム打線が手も足も出ず! 佐々木朗希の快投シーンをチェック 4月17日、ZOZOマリンスタジアムで行なわれた日本ハム戦に先発したロッテの佐々木朗希は、8回を投げてパーフェクトピッチングを披...
別窓で開く

史上最も強烈なキャラクターを持つ名将——トミー・ラソーダの爆笑エピソード3選
「オレの体にはドジャーブルーの血が流れているんだ!」 現地時間1月7日に93歳で亡くなった元ドジャースの名将トミー・ラソーダのこの名言は、日本でもよく知られている。このような印象深い言葉を生むセンスからも分かるように、ラソーダは他の監督とは一線を画すアクの強いキャラクターでも知られていた。...
別窓で開く

実は選手以上に心配? 高齢の監督・コーチはコロナ重症化リスクにどう備えるのか?
ミネソタ・ツインズは2人のコーチ、ボブ・マクルーア(ブルペンコーチ)とビル・エバース(コーチ)を今シーズンの試合から外す。解任ではなく、新型コロナウイルスの感染リスクに配慮した配置転換だ。CDC(アメリカ疾病予防管理センター)は、65歳以上の感染者は重症化のリスクが高いと報告しており、球団が68歳の...
別窓で開く


<前へ1次へ>