本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「104年ぶりの2桁勝利&2桁HR」「イチロー超えの118号」など続々達成。大谷翔平の偉業から見る「偉才」の価値<SLUGGER>
球界最高の天才プレーヤーにまた一つ、いや数々の称号が一日で加わった。 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地時間8月9日、敵地で行なわれたオークランド・アスレティックス戦に「2番・投手」で先発出場すると、投げては6回無失点で今季10勝目をマーク、打っては7回に今季25号となるソロ本塁打を叩き込む...
別窓で開く

大谷翔平、104年ぶりの偉業達成! イチローを抜き、50年前の快挙を呼び起こし、そしてルースに並ぶ記録づくめの伝説の日に
現球界で唯一無二の二刀流を貫く男が、レジェンドに並ぶ一打を放った。 現地時間8月9日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれているオークランド・アスレティックス戦に「2番・DH兼投手」で先発出場。7回表の第3打席で25号のソロホームランを放った。...
別窓で開く

“途中解任された名将”マッドンの大先輩?ビリー・マーティンをめぐる愛と憎しみの“三角関係”【ダークサイドMLB】<SLUGGER>
現地6月7日、エンジェルスのジョー・マッドン監督が電撃解任された。名将と呼ばれる人物がシーズン半ばでクビになるのは異例のことだが、それでも初めてとは言えない。ここではMLBの“名将”途中解任の代表例であるヤンキースのビリー・マーティン監督と、彼をめぐるオーナーのジョージ・スタ...
別窓で開く

人種差別に抗議した最初のメジャーリーガー、マックスウェルがメッツと契約
今シーズンは、試合前の国歌斉唱時に起立せず、片ヒザをついている選手が目につく。これは、人種差別に対する抗議の意思を表す“ニーリング”という行為だ。 このポーズを最初に行ったのは、NFLの黒人選手、コリン・キャパニック(当時サンフランシスコ・49ers)で、2016年8月のこと...
別窓で開く


<前へ1次へ>