本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



巨人で屈辱の“3軍落ち”から大復活 シーズン中のトレードで開花した3選手
■2000万円の“特別ボーナス” トレードはシーズンオフに限った話ではない。開幕直前の駆け込みトレードもあれば、シーズン途中に成立するトレードもある。現在、首位獲りを狙う巨人も、昨年の中田翔をはじめ、近年はシーズン中のトレードを活発に行っており、今季もトレードに動く可能性は強い。そして、過去において...
別窓で開く

ヤクルト・高津監督、敵選手をわざと骨折させた?「選手生命潰された」の指摘も、大久保氏が現役時代の不可解死球を明かす
野球解説者・高橋慶彦氏(元広島他)が22日に自身の公式YouTubeチャンネルに投稿した動画に、同・大久保博元氏(元楽天監督)が登場。ヤクルト・高津臣吾監督にまつわる裏話を明かしネット上で話題となっている。 今回の動画で両名はお互いに手掛けている飲食店の話や、現役時代にサインを積極的に書くようになっ...
別窓で開く

仰木監督が見出した元ドラ1、MLB通算601セーブの殿堂入りクローザー。根尾昂の指針となり得る「投手転向の成功例」<SLUGGER>
中日の立浪和義監督が根尾昂の投手転向を発表した。 野手から投手へのコンバートは、日本では数少ないがまったくないわけではなく、アメリカではむしろ盛んに行なわれている。ここでは過去にあった日米における成功例をそれぞれ見ていこう。 NPBの投手コンバートについて特筆すべき名伯楽が、1994年から2001年...
別窓で開く

阪神は「神のお告げ」のグリーンウェル、ヤクルトは強打者ラミレス……の息子?【平成・令和セ・リーグ6球団のワースト助っ人は誰だ】<SLUGGER>
光があるところにはまた闇もある。優良助っ人がいれば、まったく結果を残せなかったがっかりな外国人もいる。ここでは、各球団の平成以降の“ワースト外国人選手”を紹介しよう。今回はセ・リーグ編だ。▼ヤクルトアレックス・ラミレス・ジュニア(2005〜07年在籍/投手?) 名前を見れば分...
別窓で開く

元巨人スコアラーが明かす松井秀喜“ヤマ張り打法”と野村監督「名言」の関係!?
 三井康浩氏。巨人に籍を置いた元プロ野球選手で、現役引退後は二軍マネージャー、スコアラーなどを歴任し、長年にわたり巨人一筋で支えてきた人物だ。2009年に開催された「ワールド・ベースボール・クラシック」第2回大会では日本代表チームのチーフスコアラーの大役を務め、世界一に貢献している。...
別窓で開く

ヤクルトを日本一に導いた、外国人選手と日本人選手の絆
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、激戦が続いた日本シリーズでも活躍が目立った、東京ヤクルトスワローズの外国人選手たちのエピソードを紹介する。【プロ野球日本シリーズオリックス対ヤクルト第6戦】祝勝会で鏡開きが行われた=2021年11月28日 神戸市内のホテルで...
別窓で開く


<前へ1次へ>