本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「彼の声を聞けば、映像なんて要らない」67年間ドジャース戦の実況を務めたヴィン・スカリーとファンの“幸福すぎる関係”<SLUGGER>
8月2日(現地時間)、ドジャース戦の実況アナウンサーとして67年の長きにわたってファンに親しまれたヴィン・スカリーが、94年の人生に幕を下ろした。 彼の名は「同一球団で最も長期間実況を務めた人物」としてギネスブックにも掲載されている。米スポーツ専門誌『Sports Illustrated』が2006...
別窓で開く

「いつもメジャーを背負う義務はない」ロバーツ監督が大谷翔平の“HRダービー辞退”に理解! 「彼には休養が必要だ」
球界を沸かせた決断には、名将からも理解が示されている。今季、ホームラン・ダービーへの出場を断念した大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)のそれだ。【動画】昨季HRダービーで見られた大谷翔平の“スーパーアーチ”をプレーバック! オールスター・ゲーム前日(現地時間7月18日)に開...
別窓で開く

“途中解任された名将”マッドンの大先輩?ビリー・マーティンをめぐる愛と憎しみの“三角関係”【ダークサイドMLB】<SLUGGER>
現地6月7日、エンジェルスのジョー・マッドン監督が電撃解任された。名将と呼ばれる人物がシーズン半ばでクビになるのは異例のことだが、それでも初めてとは言えない。ここではMLBの“名将”途中解任の代表例であるヤンキースのビリー・マーティン監督と、彼をめぐるオーナーのジョージ・スタ...
別窓で開く

佐々木朗希は「もっと良くなる」。完全試合中の降板も井口監督の決断を米記者は高評!カーショウを引き合いに賛辞
惜しくも大記録を成立させられはしなかった。しかし、弱冠二十歳の投球は、間違いなく球史に残るそれだった。【動画】日ハム打線が手も足も出ず! 佐々木朗希の快投シーンをチェック 4月17日、ZOZOマリンスタジアムで行なわれた日本ハム戦に先発したロッテの佐々木朗希は、8回を投げてパーフェクトピッチングを披...
別窓で開く

“MLB史上最多奪三振記録”を更新! メッツ剛腕デグロムの圧巻投球に味方も脱帽「単に打ち取ろうなんて考えてない…」
球界屈指の剛腕がメジャー史にその名を刻んだ。 現地時間4月24日、本拠地で行なわれたワシントン・ナショナルズ戦に登板したニューヨーク・メッツのエース、ジェイコブ・デグロムは、9回2安打無失点、圧巻の15奪三振で今季2勝目を挙げた。 衝撃の奪三振ショーだった。初回に先頭のアンドリュー・スティーブンソン...
別窓で開く

エンジェルスは大谷の相棒トラウトが表紙に登場!メデイアガイドが個性豊かなのもメジャーの醍醐味
各球団が毎年発行しているメディアガイドの表紙のうち、最も一般的なのは、複数の選手を組み合わせたり並べたりしたものだ。今年の場合、ホワイトソックスは選手11人とリック・レンテリ−ア監督の計12人。ドジャースも9選手と多く、その中には2月のトレードでレッドソックスから加わったムーキー・ベッツもいる。...
別窓で開く

「50試合」「82試合」「114試合」…どれになっても2020年のMLBは波乱のシーズン必至?
今シーズンの試合数については、これまでに3つの案が浮上している。まず、MLB機構(オーナー側)が「82試合」を申し出た。それに対し、選手会が「114試合」を提案。さらに、MLB機構は「50試合」前後の案を検討しているようだ。この他に、ブライス・ハーパー(フィラデルフィア・フィリーズ)がインスタグラム...
別窓で開く

巨人・パーラも参加のナショナルズ世界一振り返りイベント開催!選手たちの痛烈な皮肉合戦に「面白いショーだった」
新型コロナウイルス感染拡大により開幕延期となっているメジャーリーグ。そこで、昨年世界一となったワシントン・ナショナルズは、こんな時ならではのイベントを開催し、選手たちの“楽しむ姿”が話題を呼んでいる。 現地15日の夜、ナショナルズは優勝メンバー15人以上がビデオ会議アプリ『Z...
別窓で開く

【2010年代30球団通信簿:ア・リーグ東地区】貧乏でも育成と工夫を駆使したレイズが最高評価、10年間の勝率が30球団1位のヤンキースは意外にも……?
チームの「成功の基準」は予算規模や戦力状況、それまでの歴史などによってそれぞれ違う。そうだとしても、究極の目標がワールドチャンピオン獲得にあることだけは共通している。2010年代におけるア・リーグ東地区5球団の歩みを振り返りつつ、5段階評価の通信簿形式でディケイドを総括してみよう。...
別窓で開く


<前へ1次へ>