本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



指揮官として“故郷”に帰還…テベス監督が古巣戦へ「ボンボネーラでのプレーを楽しんでほしい」
ロサリオ・セントラルを率いるカルロス・テベス監督が、古巣との一戦を前に心境を明かした。アルゼンチンメディア『T?lam』が前日会見の模様を伝えている。 テベス監督は6月21日にロサリオ・セントラルの指揮官に就任。就任時はリーガ・プロフェッショナル4試合を終えた段階で28チーム中22位につけていたが、...
別窓で開く

テベス氏が監督業に挑戦! 母国のロサリオ・セントラルが招へいを発表
ロサリオ・セントラル(アルゼンチン1部)は21日、カルロス・テベス氏の新監督就任を発表した。契約期間は2023年6月末までの12カ月間となる。 現在38歳のテベス氏は、現役時代にボカ・ジュニアーズ、コリンチャンス、ウェストハム、マンチェスター・U、マンチェスター・C、ユヴェントスなどで活躍。...
別窓で開く

引退発表直後のテベス氏、母国で指導者デビューへ…ロサリオ・セントラルが監督オファーを提示
元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス氏が、早くも指導者としてのキャリアをスタートさせるかもしれない。アルゼンチンメディア『TyC Sports』など複数の現地メディアが報じた。 現在38歳のテベス氏は2021年夏にボカ・ジュニオルスを退団して以降無所属の状態が続いており、アルゼンチンのトーク番組『...
別窓で開く

マラドーナはピッチ内外でずば抜けた存在、メッシが特別なのはピッチ上だけ——。近くて遠い2人の物語【現地発】
 アルゼンチンにはアリエル・オルテガ、ハビエル・サビオラ、カルロス・テベスら「マラドーナ2世」と呼ばれた選手は何人もいた。しかしリオネル・メッシがその称号に最も近い選手であることに異論はないはずだ。 メッシがバルセロナですでにエースとして君臨していた2009年、ディエゴ・マラドーナは2人の比較論につ...
別窓で開く


<前へ1次へ>