本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ルイス・ディアスも輝けるか? プレミアリーグで成功した南米選手トップ10
リヴァプールは30日、ポルトからコロンビア代表FWルイス・ディアスを獲得したと発表した。契約期間は5年半で、移籍金はボーナスを含めて最大6000万ユーロ(約77億円)と報じられている。 プレミアリーグではこれまでに数多くの南米出身選手が活躍してきた。同リーグに初挑戦となるL・ディアスも先例に倣うこと...
別窓で開く

コンテ招聘のトッテナム、イタリアから複数選手を引き抜きか。本命はセルビア代表FW、“古巣”インテルの主力もターゲットと現地報道!
 今夏にインテルの指揮官を退任したアントニオ・コンテが、トッテナムの新監督に就任した。これを受けてイタリアの各メディアは、早速「コンテのリクエスト」と称してトッテナムの補強候補選手を取り上げている。 最大のターゲットは、フィオレンティーナのFWドゥシャン・ヴラホビッチだ。...
別窓で開く

伊メディアが「現在フリーのベストプレーヤー」に長友佑都を選出! D・ルイスやテベスなどその他の顔ぶれは?
 欧州主要リーグの移籍市場は、8月いっぱいで終了した。だが、チーム強化を目指すクラブが新たな補強に動く可能性は残されている。現在フリーの選手との契約だ。 9月に入っても新天地が決まっていないフリーの有力選手は少なくない。イタリア衛星放送『Sky Sport』は9月4日、そういったフリーの「ベストプレ...
別窓で開く

冨安を狙うトッテナムの新強化担当者はどんな人物? パラティチのチームビルディングに迫る
 今年で49歳を迎えたファビオ・パラティチは、最強ユベントスを作り上げた立役者のひとりで、選手の発掘・評価眼、移籍市場での交渉力を併せ持った、イタリアでも指折りのスポーツディレクターだ。 元々は下部リーグ(主にセリエC)でDFとしてキャリアを過ごしたプレーヤーで、ピアチェンツァの育成部門ではフィリッ...
別窓で開く

【9連覇の軌跡】 マッシミリアーノ・アッレグリ時代編 | 卓越した手腕で築いた“最強”の5年間
 アントニオ・コンテの後任として指揮権を握ったマッシミリアーノ・アッレグリへの期待は、当初決して大きくなかった。 ミランでは就任1年目の10−11シーズンにスクデットを獲得したものの、その後の実績は尻すぼみ状態で、ユヴェントスファンの間には「ベストな指揮官が見つかるまでの“つなぎ”」という見方が少な...
別窓で開く

首位ミラン、昇格組スペツィアに2発完敗…ゴール決めきれず連勝ストップ
 セリエA第22節が13日に行われ、スペツィアとミランが対戦した。 アウェイのミランは現在リーグ戦2連勝中。ここまで15勝4分2敗で勝ち点「49」を獲得して首位に位置しており、2位インテルとの勝ち点差は「2」となっている。スタメンにはズラタン・イブラヒモヴィッチ、テオ・エルナンデスといった主力メンバ...
別窓で開く

「俺に説明できない何かが宿る」テベスが英雄マラドーナに捧げた“渾身のオマージュ”が話題に!
 現地時間12月2日に開催されたコパ・リベルタドーレスのラウンド・オブ16の第1レグで、敵地でブラジルの強豪インテルナシオナルと対戦したボカ・ジュニオルスは、1-0で勝利。ベスト8進出へ一歩前進した。 この試合で大きな話題を集めているのが、元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが決勝ゴールを決めた直...
別窓で開く

ボタフォゴの本田圭佑を現地メディアが「現政権のベストMF」と評価!ブラジルで活躍した外国人にも選出
ブラジル1部のボタフォゴが苦しんでいる。国内カップ戦「コパ・ド・ブラジル」では2部のクラブ相手にラウンド16で敗退、進行中の全国選手権(セリエA)では21試合(全38試合)を終えたところで、降格圏内の19位(全20位)……。 パウロ・アウトゥオリ、ブルーノ・ラザロニに続く...
別窓で開く


<前へ12次へ>