本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



筆者は何度も外国人の友人を連れて中国で新エネ車を視察したが、多くの友人の反応は「スクリーンが多くて大きいね」だった。マルチスクリーンと大型スクリーンはいつの間にか中国の新エネ車の発展トレンドとなり、消費者も「マルチスクリーン、大型スクリーン=ハイテク+インテリジェント化」という認識になっているようだ...
別窓で開く

もしや世界初? 気になる中国EV「BYD ATTO3」の意外なる次の一手は“車内純正カラオケ”(小沢コージ)
(大人5人が余裕で乗れ、荷物も積めて400万円台(写真)小沢コージ)【小沢コージ クルマは乗らなきゃ語れない】 BYD ATTO3 (車両価格:¥4,500,000/税込み〜) ◇  ◇  ◇ この手があったか! ひさびさにそう思わされたのは、先日発表された黒船EV、中国BYD ATTO3の“おもし...
別窓で開く

2024年3月3日、中国メディア・IT之家は、米OpenAIのサム・アルトマンCEOの資産が20億ドル(約3000億円)を突破したと報じた。記事は、「ブルームバーグ・ビリオネア指数」のデータで、アルトマン氏の純資産が初めて20億ドルを突破したと紹介。...
別窓で開く

2024年2月29日、シンガポールメディア・聯合早報は、米アップルが電気自動車(EV)開発を断念したと報じられたことに対する中国企業の反応を紹介する記事を掲載した。記事は、ここ数日で複数メディアによって「アップルが10年に及ぶ自社EV開発の努力を終え、資金を人工知能(AI)へと投じている」と報じられ...
別窓で開く

アメリカで電気自動車(EV)の販売不振が顕著になっている。ジャーナリストの岩田太郎さんは「バイデン政権はEV販売に高い目標を掲げているが、実際にはまるで売れていない。その代わりに売れているのは、日本製のハイブリッド車だ」という——。■EV販売の減速が止まらない米国では昨年後半から電気自動車(EV)の...
別窓で開く

(プレスリリース)【ライブ配信セミナー】EVにおける車載機器の熱対策 4月9日(火)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ
本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったウェビナー(ライブ配信セミナー)となります。...
別窓で開く

■日本の株価上昇は「7企業」にかかっているついに日経平均株価は、34年ぶりに史上最高値を更新した。ここまで急速に株価が上昇すると、いずれは利益確定の売りが出ることは避けられない。株価はどこかで調整することになるだろう。問題は、その後、中・長期的に日本幹部が上昇過程を維持できるか否かだ。最近、米国の有...
別窓で開く

2024年は世界中でリーダーの選挙が予定されている。その中でも世界経済に大きな影響を及ぼすのがアメリカの大統領選。お笑い芸人の「パックン」ことパトリック・ハーランさんとエコノミストのエミン・ユルマズさんに、アメリカの大統領選はどうなるか、2024年にアメリカの景気減速はあるのか、語ってもらった——。...
別窓で開く

メタのザッカーバーグCEOが岸田文雄首相と面会した2月27日。もう一人のハイテク界の大物が東京にいた。半導体業界の伝説的なエンジニア、ジム・ケラー氏だ。AMD時代に圧倒的なコスパのCPU(中央演算処理装置)で黄金期のインテルに対抗し、倒産目前だった自社を救ったのは産業史に残る逸話だ。アップル、テスラ...
別窓で開く

激動の時代を生き抜くにはどんな能力が求められるか。医師の和田秀樹さんは「この国において唯一のチャンスとも言えるポイントは、『金持ちの子どもが勉強しない』ことだ。世界の先進国の中で、その国の代表的な名門大学に小学校からエスカレーターで行ける国は日本だけで、金持ちほど喜々としてそういう学校に子どもを入れ...
別窓で開く