本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



BC茨城の155キロ右腕・ペレズとは何者だ? 4年のブランクを経て日本にやってきたドミニカ出身の29歳にNPBスカウトも注目
 NPBの支配下登録期限が残り2カ月を切るなか、スカウトたちの注目をひそかに集めている剛腕投手がいる。 昨年セサル・バルガスをオリックス、ダリエル・アルバレスをソフトバンクに送り出したBCリーグの茨城アストロプラネッツに加入したばかりの右腕、デイビッド・ペレズだ。...
別窓で開く

「獣を目覚めさせた」大谷翔平の1試合2HRに海外メディアも絶賛! 「ふたたび天才が打ち出すか」と期待膨らむ
開幕から8試合目にして、ようやく偉才のバットから快音が響いた。 現地時間4月15日、ロサンジェルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦に「1番・DH」で先発出場。第1打席に今季31打席目にして第1号本塁打を放つと、第3打席には第2号アーチを打ち込んだ。...
別窓で開く

韓国野球は「力が確実に落ちている」。母国メディアが“金メダル逸”を嘆く「日本に負けたのは偶然ではない」【東京五輪】
連覇を逃した野球韓国代表への風当たりは強まるばかりだ。 8月7日、東京五輪の野球3位決定戦でドミニカ共和国と対戦した韓国は、5回に一挙4得点をあげて勝ち越すも8回に5失点。結局、6対10で競り負け、メダルを手に出来ずに大会を去った。 大会前から五輪連覇を期待されていたチームに対しては、国内で批判的な...
別窓で開く

「打席に立てば投手を、マウンドに立てば打者だと忘れてしまう」イスラエル代表の名二塁手キンズラーのオオタニ評
東京オリンピック2020の熱戦が続く横浜。現役メジャーリーガーはいないが、実績十分の選手は参加している。例えば、ドミニカ共和国代表では、本塁打王2回&シルバースラッガー3回のホゼ・バティスタ。例えばアメリカ代表では、オールスター選手2回のトッド・フレイジャーなどだ。...
別窓で開く

「前代未聞だ!」元巨人の“問題児”ガルシアがMLBで大ブレイク! 大谷翔平との本塁打王争いに米メディアも驚嘆
今季のメジャーリーグもずば抜けた身体能力を誇示する偉才たちが、千両役者ぶりを遺憾なく発揮している。大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)やフェルナンド・タティスJr.(サンディエゴ・パレス)、ロベルト・アクーニャJr.(アトランタ・ブレーブス)らは、開幕前の期待を裏切らない戦績を残し、連日のごとくさ...
別窓で開く

球界関係者もファンも落胆…最速163キロのカッターを誇るブレイク候補が禁止薬物使用で80試合の出場停止
現地5月1日、残念なニュースが飛び込んできた。クリーブランド・インディアンスの救援右腕エマニュエル・クラッセが禁止薬物使用で80試合の出場亭処分を受けたのだ。 このクラッセ、実は球界関係者やコアなファンの間では今季のブレイク候補に挙げられていた期待株だった。 ドミニカ共和国出身で現在22歳のクラッセ...
別窓で開く

【2010年代シーズン別プレイバック:前編】ジャイアンツ黄金時代の幕開け、カブレラとトラウトのMVP争い、そしてジーターが引退した2010年代前半を振り返る
ジャイアンツ黄金時代の幕開けとともに始まった2010年代は、ナショナルズ史上初の世界一で幕を閉じた。幾多のスター選手がくれたいくつもの感動を、シーズン毎に振り返る。今回は2010年から14年までを振り返る。...
別窓で開く


<前へ1次へ>