本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



得点製造機デュラント、名司令塔トーマス、守備職人ペイトン…NBAの歴代ベスト“ドラフト2位チーム”を選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は“ドラフト2位指名”の...
別窓で開く

順調な仕上がりを見せるオルドリッジをナッシュHC、ハーデンが称賛「彼は凄くスマートな選手」<DUNKSHOOT>
現地時間10月8日(日本時間9日、日付は以下同)、プレシーズン2戦目を迎えたブルックリン・ネッツは、ホームのバークレイズ・センターでミルウォーキー・バックスと対戦。119−115で勝利を収めた。 ネッツはビッグ3の一角カイリー・アービングがいまだワクチン未接種のため、このままだとホームゲームでの出場...
別窓で開く

全米大学テニスで活躍中の福田詩織が団体戦で全米2位に!「一緒に頑張ってくれたチームに感謝」<SMASH>
全米大学テニス選手権大会の1部リーグ「2021 NCAA Division I Tennis Championship」(アメリカ・フロリダ/ハード)では、現地時間5月23日に女子団体の決勝戦を実施。日本の福田詩織が所属するペパーダイン大学はテキサス大学に4—5で敗れたが、見事全米2位の座を獲得した...
別窓で開く

最強スコアラーのデュラント、オールスターの常連オルドリッジの母校テキサス大のベストメンバーを選定!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)。プロを目指す若手選手たちにとってNCAAでプレーすることがNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手...
別窓で開く

【名作シューズ列伝】デュラントの成長とともにシグネチャーもアップグレード!ローカットを採用した「KD VI」
人に歴史あり。バスケにスーパースターあり。スーパースターにシグネチャーモデルあり。シグネチャーモデルにBOXあり! ケビン・デュラントは、ワシントンDC出身。地元AAU(アマチュア・アスレチック・ユニオン)のバスケットボールチームに入り、コーチのタラス・ブラウンに見出され、1日8時間の個人プログラム...
別窓で開く

ティム・ハーダウェイ——伝説のキラー・クロスオーバーで一世を風靡した小さな巨人【NBAレジェンド列伝・前編】
バスケットボールは背の高い選手に有利なスポーツだが、身長180cmそこそこの小柄な体格でスーパースターとなった者も少なくない。古くはボブ・クージー、1980年代にはアイザイア・トーマスやジョン・ストックトンが史上有数の名選手として名を残した。90年代後半からはアレン・アイバーソン、現在はクリス・ポー...
別窓で開く

“ご意見番”マーブリーも舌を巻くデュラントの実力「ジョーダンやコビーと同じ領域にいる」
言わずと知れたリーグ屈指のスコアラー、ケビン・デュラント。ブルックリン・ネッツに加入した昨季こそ、2019年のNBAファイナル第5戦で右足アキレス腱を断裂した影響で全休となったが、3年連続(2010〜12年)を含む計4回のスコアリングタイトルを獲得し、キャリア平均27.0点は歴代6位にランクインして...
別窓で開く

ストックトンやハワードが背負った12番の系譜。ジョーダンも1試合限定で着用【NBA背番号外伝】
現代のNBAでは、背番号12はビッグマンのイメージが強い。最優秀守備選手賞3度のドワイト・ハワードは、プロ入りから8年間を過ごしたオーランド・マジック、その後ロサンゼルス・レイカーズ、ヒューストン・ロケッツ、シャーロット・ホーネッツで12番。...
別窓で開く


<前へ1次へ>