本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「自分磨きを止めたことがない」37歳にして進化を続けるカーメロを同僚が称賛「彼は円熟期」<DUNKSHOOT>
NBA19年目を迎えたカーメロ・アンソニーは、波に乗り切れない“スター軍団”のロサンゼルス・レイカーズにおいて、輝きを放っている選手の1人だ。37歳の年齢を感じさせないプレーに同僚で2歳年下のドワイト・ハワードも太鼓判を押している。...
別窓で開く

「俺は入らないとわかっていた」75周年記念チームに落選したハワードが胸中を吐露「もう忘れよう」<DUNKSHOOT>
現地時間11月9日(日本時間10日)、ロサンゼルス・レイカーズのドワイト・ハワードが『Bleacher Report』のテイラー・ルックスとのインタビューに登場した。 その中で、10月下旬に発表されたNBAの75周年記念チームに落選したことについて言及した。「俺は入らないと分かっていた。(理由は)政...
別窓で開く

「チームのために働きたい」アイバーソンが揺れる古巣76ersへ“ラブコール”「助けたいと思っているだけ」<DUNKSHOOT>
圧倒的なカリスマ性で世界中のバスケットボールファンを魅了したアレン・アイバーソン。彼がNBAを去ってから10年以上が経過した。今、アイバーソンは立場を変えてNBAのある球団に戻りたいと考えている。それは、全盛期を過ごしたフィラデルフィア・セブンティシクサーズにほかならない。...
別窓で開く

ウルブズが開幕前に異例のGM解任!後任候補には現シクサーズのブランドの名も<DUNKSHOOT>
現地9月22日、ミネソタ・ティンバーウルブズはバスケットボール運営部門代表を務めるガーソン・ロサスを解任したと発表した。プレスリリースで「私たちのファンや市が誇りに思えるような勝てるチームを作ることに引き続きコミットしている」と声明を発表したが、2019年5月に就任したばかりの同氏を解任した理由につ...
別窓で開く

若手スターのヤング、ドラフト1位のグリフィンを輩出したオクラホマ大の最強メンバーを選定!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターをNBAに送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別...
別窓で開く

「普段よりも早く息が上がってしまう」セルティックスのテイタムが新型コロナの後遺症を告白〈DUNKSHOOT〉
ボストン・セルティックスのオールスターフォワード、ジェイソン・テイタムが新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たのは、今年1月10日のことだった。その後、一時的にチームを離れたものの、月末には戦列に復帰。その後は休むことなく試合に出場しているが、実は後遺症に苦しんでいたようだ。...
別窓で開く

「普段とは違う雰囲気だった」通算得点で“ジョーダン超え”を達成した日【コビー・ブライアント名勝負:Part.9】〈DUNKSHOOT〉
2020年1月26日、世界中に衝撃を与えたロサンゼルス・レイカーズのレジェンド、コビー・ブライアントの事故死。あれから1年……。コビーの肉体は滅びたが、その勇姿はファンの心に永遠に刻み付けられている。ここでは彼の20年の激闘譜のなかから、後世に語り継ぐべき名勝負を紹介する...
別窓で開く


<前へ1次へ>