本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



家政婦との間に生まれた娘まで…露プーチン大統領の「隠し子」の存在=韓国報道
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の家族が相次いで制裁の対象となりながら、彼の隠された私生活と子どもに関する情報があらわになっている。ニューヨーク・タイムズは15日(現地時間)、プーチン大統領が公式的に認定した2人の娘以外に、別の2人の女性との間に生まれた子どもがいるようだと報じた。...
別窓で開く

「プーチンの愛人カバエワが妊娠」「プーチンは怒り、落ち込んだ」露独立紙
プーチン・ロシア大統領(70)の愛人として知られる元体操五輪選手アリーナ・カバエワ(39)が妊娠したという報道が出ている。米ニューヨークポストなど外信は9日(現地時刻)、ロシア独立紙ゼネラルSVRの報道を引用し、プーチンの31歳年下となる恋人カバエバが妊娠し、このニュースを聞いたプーチン大統領が怒っ...
別窓で開く

プーチンはいつどこで狂った? インタビューから読み解く「少年時代のコンプレックス」
 戦争犯罪? なんと生ぬるい言葉だろう。我々が今目撃しているのは、ナチス・ドイツがユダヤ人に対して行ったのと同等の、非人間的な殺りく行為である。主導しているのは、ロシア連邦大統領、ウラジーミル・プーチン。彼はいかなる道をたどり、「暴君」となりしか。 ***〈じつのところ、私はとても単純な人生を送って...
別窓で開く

ウクライナ避難民への支援 問われる日本の「器量」
戦闘が続くウクライナから日本へ避難する人たちが500人を超え、政府はその生活支援策として、12歳以上に1日当たり2400円を支給しているが、これは日本に身寄りがない人に限定される。これについて「格差や地域差が出ないような対応ができないか」などの声があがっている話題などを、18日(2022年4月)の「...
別窓で開く

プーチン侵攻の背景に「大ロシア再興」という妄想 側近は愛国的な歴史修正主義者
 暴走を続けるプーチンは一体何を考えているのか。ロシアの外交・安全保障戦略に詳しい笹川平和財団主任研究員の畔蒜泰助氏に、プーチンの思想的背景について解説してもらった。 *** プーチンとは何者なのかを考えるにあたって、彼を複数の「ペルソナ(人格)」で捉えるやり方があります。...
別窓で開く

プーチンを「戦争犯罪人」として起訴できないこれだけの理由 2つの国際司法機関も「特別国際法廷」も決定的な手段持たず
プーチンの娘2人の財産没収できても・・・ ウクライナの首都キーウ(キエフ)近郊のブチャやボロシャンカなどでロシア軍の撤退後、民間人とみられる遺体が見つかった。 後ろ手に縛られたまま殺害された遺体や、殺害した後に穴を掘って遺体を埋めた「共同墓地」も見つかった。 欧米各国、そして日本も「戦争犯罪」だとロ...
別窓で開く

米、追加制裁を発表…謎多きプーチンの娘たちの資産も凍結へ
ロシア軍によるウクライナでの残虐な虐殺行為が明るみになっている中、米国のバイデン大統領はプーチン大統領を「戦争犯罪人」と呼び激しく非難した。新たな措置として、プーチン氏の成人した娘2人に対し、資産を凍結するなどの制裁を科すと発表した。NBCなど米主要メディアが一斉に報じている。プーチン氏が、自身の家...
別窓で開く

在日ウクライナ人女性が語る“祖国の実情”「ロシア軍の標的になって車が爆撃された」
カテリーナさん■「とても忙しくて、朝から夜まで毎日仕事をしています。お仕事の依頼や、支援の方法の相談、ウクライナにいる人たちからなど、たくさん連絡があるのですべてに返事をするのも大変です。でも今は、気持ちは少し落ち着いています。少し前、お母さんが日本に到着するまでは、心配で2週間くらいほとんど眠れま...
別窓で開く

元ロシア女子バレー代表のエースがウクライナ侵攻に反発! 「この恥ずべき1ページは、歴史に刻まれる」と嘆き
ウクライナに対するロシアの軍事侵攻が、世界規模で余波を広げている。現地時間2月24日にウラジミール・プーチン大統領が特別軍事活動を承認して以来、その激しさは日を追うごとに増している。 世界が不安を募らせ、反戦を訴える人々は増えている。なかにはロシア国内で声を上げるアスリートもいる。元バレーボール女子...
別窓で開く

アメリカ大統領執務室の「チャーチルの胸像」から見える米英関係
8月17日、アフガニスタン情勢を巡る問題について、アメリカのバイデン大統領と、イギリスのジョンソン首相は電話で会談し、G7によるオンライン会議を今月中にも行うことで合意したことが報じられました。一見歩調が合っているように見える両国の代表。しかし、浅からぬ因縁があると、元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏と...
別窓で開く


<前へ12次へ>