本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



角田裕毅、高速モンツァに「チャンスはある」と期待は捨てず。“3つのペナルティー”に米メディアは辛辣評「戒告が多すぎる」
F1第16戦のイタリア・グランプリが開幕。9月9日には2度のフリー走行(FP)が行なわれた。 先週のオランダGPでは、シートベルトを緩めた状態での走行が規定に違反したとして通算5回目の戒告処分を受け、次戦での10グリッド降格処分を科せられたアルファタウリの角田裕毅。このFP1では26周の走行で全体8...
別窓で開く

【F1】フェラーリ代表が角田裕毅に対し?ツナミ”と暴言! 「本当に言ってるの?」「失礼だ」と非難集中
フェラーリF1代表のマッティア・ビノットが、F1オランダGP後、アルファタウリの角田裕毅に対して発した言葉に非難が集まっている。...
別窓で開く

「まだ取り組むべきことがある」角田裕毅、多くのデータを収集するも満足せず。 仏専門サイトは「現時点でQ3進出は難しい」と予想
2022年F1世界選手権が1か月間のサマーブレイクを経て再開。8月26日にはベルギー・グランプリのフリー走行(FP)1、2回目が行なわれた。【画像】貴重な水着姿も!角田裕毅の夏休み満喫ショットをチェック アルファタウリの角田裕毅は、FP1では最多タイの17周を走行してベストタイムは全体8番手となる1...
別窓で開く

「採点よりは印象的だったが…」角田裕毅の前半戦を専門メディアが辛口評価。トスト代表は契約延長とレッドブル昇格の可能性に言及
2022年F1世界選手権は13戦を終えた時点で1か月間のサマーブレイクに突入しているが、この期間に各国メディアは前半戦を振り返り、ここまでの各ドライバーへの評価を下している。【関連記事】英専門メディアがF1前半戦の全ドライバーをランク付け! フェルスタッペン、角田裕毅、ガスリー、ルクレールらの評価は...
別窓で開く

角田裕毅とガスリーの対決に専門メディアは厳しい展望。レッドブル顧問からは“苦言”も「彼の怒りは度を過ぎるようになった」
アルファタウリの角田裕毅は今季13レースを終えた段階で、入賞3回、合計獲得ポイントは11、ドライバーズランキング16位という結果となっている。 幾つかの週末において、予選での速さ、決勝では落ち着いたレース運びと安定したドライビングを披露した角田。...
別窓で開く

フランスGPで決勝8番手へ食い込んだ角田裕毅。アップデート効果は「ピットレーン出口ですでに感じられた」と好感触
F1第12戦のフランス・グランプリは7月23日に予選が行なわれ、アルファタウリの角田裕毅は今季3度目のQ3進出を果たし、8番手のグリッドを手にした。 初日に好感触を掴んだ角田は、フリー走行3回目で19周を走行して全体の10番手となる1分33秒751というベストタイムを計測。...
別窓で開く

「予測不可能な状態」の角田裕毅、オーストリアGP決勝も“苦戦必至”。「機能しなければチームを去る」とトスト代表は苦言
F1第11戦のオーストリア・グランプリは7月9日にスプリントが行なわれ、アルファタウリの角田裕毅は予選から3つ順位を落としての17番手に終わった。...
別窓で開く

角田裕毅が「馬鹿げたミス」でリタイア。ピットアウト時のクラッシュを海外メディアは酷評!「恥ずかしいコースアウト」
F1第9戦のカナダ・グランプリは6月19日に決勝が行なわれ、アルファタウリの角田裕毅はピットアウトの際にウォールに直進してリタイアを喫した。 パワーユニットの交換で最後尾からのスタートが決定していたため、全セッションでレースに焦点を合わせたアプローチを施してきた角田は、15番手まで浮上したところでヴ...
別窓で開く

角田裕毅、バクーでの緊急ピットインに「そのまま走り切るべきだった」と本音! 雪辱期するカナダGPへの意気込みは?
今週末のF1第9戦では、コロナ禍で2年連続中止となっていたカナダ・グランプリが3年ぶりに開催される。 先週のアゼルバイジャン・グランプリでは各セッションで好パフォーマンスを発揮し、決勝でも順調に5〜6番手を走行していたにもかかわらず、リアウイングの破損という思わぬトラブルによって予定外のピットインを...
別窓で開く

「昨季とは全く違うレベル」角田裕毅のアゼルバイジャンGP予選の走りを専門メディアが絶賛!「ポイント獲得には不可欠」
6月11日、F1第8戦のアゼルバイジャン・グランプリは予選が行なわれ、アルファタウリの角田裕毅はマイアミGP以来となる今季2度目のQ3進出を果たし、8番手という今季最高のスターティンググリッドを手にした。...
別窓で開く



<前へ12345678次へ>