本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



女子中高生とリア恋、“地雷男子”を恫喝、売春を禁止…“トー横の王”ハウルは一体何者だったのか「家出少年や家出少女を相手に自分の王国をつくりたい」
《トー横男女の恋とカネ》「未成年女子が“おぢ”と売春して地雷男子に貢ぐ」見惚れるようなイケメン大学生(19)が明かす“異常な実態” から続く 東洋一の繁華街、新宿・歌舞伎町。その華やかな世界の裏で、貧困にあえぐ女性に焦点を当てたルポルタージュ『 歌舞伎町と貧困女子 』(宝島社)が話題を集めている...
別窓で開く

『水星の魔女』LINEスタンプ発売 「ダブスタクソ親父!!」「俺と、結婚してくれ」など全40種
コミュニケーションアプリ「LINE」内スタンプショップにて、人気アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』のスタンプが10日、発売された。価格は1セットあたり250円(税込)、もしくは100コイン(Android端末、iOS端末のみ)。...
別窓で開く

『水星の魔女』スレッタの親はガンダムシリーズ屈指の良親? 『Z』と比較してみると……
画像はイメージ現在放送中の『機動戦士ガンダム 水星の魔女』。ガンダムシリーズでは初の、女性が主人公となるテレビ作品となる。この作品、既に新旧問わずガンダムファンからも一定の評価をされているところ。主役のスレッタ・マーキュリーは臆病な部分もあるが正義感もあるといったキャラ付けをされており、これまでのシ...
別窓で開く

“ダブスタクソ親父”イーロン・マスクが日本人5900万の「魂の依代」を破壊する? Twitterが背負ってきた意外な効果と“SNS移住”の現実性
 2022年も多くの著名人がこの世を去った。彼らがSNS、特にTwitterで発信してきた言葉から勇気や気づきをもらった人も多いだろう。彼らはいなくなってもTwitterに投稿された言葉は残り、あたかも墓標のように故人を悼む声が寄せられている。...
別窓で開く

2022年に話題になったアニメ7選 大人気原作の映像化、昭和の名作復刻…話題豊富だった1年
地上波テレビや動画配信サービスなど、さまざまなメディアで注目のアニメ作品が世に送り出されてきた2022年。その中でも特にアニメファンに驚きと喜びを与えてくれた話題作を7作品ピックアップ。まだ観られてない人は年末年始にイッキ見してみよう!■『チェンソーマン』大人気原作が超クオリティで映像化 2022年...
別窓で開く

「『自殺ビジネス』とデマ拡散した」大空幸星氏、女性支援団体・仁藤氏の発言を告発も疑問の声も
ワイドショー番組『めざまし8』(フジテレビ系)などにも出演している、NPO法人を運営する大空幸星氏が11月30日にツイッターを更新。虚偽の書き込みで名誉を毀損されたとして裁判を起こしたことを報告した一般社団法人「Colabo(コラボ)」代表の仁藤夢乃氏から、デマを拡散された過去を明かした。...
別窓で開く

『ガジェット通信 アニメ流行語大賞2022』選ばれるのはあの作品か!? 一般投票11月27日まで受付中!
秋アニメも盛り上がってきたところで、今年も『ガジェット通信 アニメ流行語大賞2022』の投票を開始します!「アニメ流行語大賞2022上半期」の上位ワードに、2022年下半期に放送、公開されたアニメ関連のワードを選出、一般公募したワードをプラスし、事前投票を実施。上位の大賞候補ワードが出揃いました。...
別窓で開く

エリザベス女王の夫の女性関係、妹の不倫… 英王室の“致命的な欠点”で好感度が上がる「ザ・クラウン」の不思議なウケ方
 9月に亡くなったエリザベス女王を中心に英王室のドロドロ現代史を描くNetflixの超話題作ドラマ『ザ・クラウン』。序盤からエリザベス女王の夫・フィリップ殿下の奔放な女性関係、女王の妹であるマーガレット王女の不倫など、史実や資料に基づいてはいるものの攻めに攻めた演出で、11月9日に公開されるシーズン...
別窓で開く

コロナで退職がよぎる30代女性「マスクせずに大声で長話する正社員。そんな状況なのでやめる人が出始めています」
新型コロナウイルスは、各業界にさまざまな影響を与えている。コロナ禍前よりも仕事が減り、危機感を覚える人がいる一方で、過剰な需要増加により仕事に追われ戸惑う人も。いずれにせよ、労働者にとって「平常時と異なる状況」が長く続くことは、ストレスのもととなり、「仕事を辞めたい」と考えるきっかけになるようだ。...
別窓で開く

オランダ2部首位、昇降格なしの決定に激怒「恥ずべきこと」「ダブスタ」
 オランダサッカー協会(KNVB)が、エールディヴィジ(1部)とエールステ・ディヴィジ(2部)の2019−20シーズンを打ち切ったことについて、2部で首位に立っていたカンブール・レーワルデンの関係者がコメントした。24日、オランダ公共放送『NOS』が伝えた。...
別窓で開く


<前へ12次へ>