本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「彼には明るい未来がある」ゴベアが元相棒ミッチェルへエール「実力を見せつける最高の機会になるだろう」<DUNKSHOOT>
現地時間9月3日、クリーブランド・キャバリアーズは、ユタ・ジャズとのトレードでドノバン・ミッチェルを獲得したことを正式に発表した。 今夏にジャズは、クイン・スナイダーHC(ヘッドコーチ)の辞任に続き、3年連続でオールスターメンバーに選出されていたルディ・ゴベア(ミネソタ・ティンバーウルブズへ移籍)と...
別窓で開く

トレード要員に挙がるのは「誉め言葉」。今夏も移籍騒動に巻き込まれたスマートは「誰からも必要とされない方が問題だ」<DUNKSHOOT>
NBAキャリア8シーズン目となった昨季、ボストン・セルティックスのマーカス・スマートは平均12.1点、3.8リバウンド、5.9アシスト、1.7スティールをマークし、ハッスルアウォードに選ばれた。 2018−19シーズンに次いで、2度目の戴冠は同賞の歴史において初。...
別窓で開く

ドイツの番狂わせ、激戦に終止符を打ったヤニス、王者に起きたコート外のトラブル……初戦後のユーロバスケットをプレーバック<DUNKSHOOT>
9月1日に開幕したユーロリーグは、全チームがグループリーグの初戦を終えた。 最大のサプライズは、ドイツのケルンで行なわれた、ホスト国ドイツとフランスの対戦。昨年の東京五輪銀メダリストで、今大会の優勝候補の一角とも言われているフランスが、ドイツに63−76と13点差で敗れたのだ。 とはいえ、これを「番...
別窓で開く

ウォリアーズの生え抜きビッグ3、キング・レブロンはいったい何位? 現役選手の通算勝率TOP10!<DUNKSHOOT>
NBA選手の評価基準は得点やリバウンド、アシストといった個人成績はもちろん、いかにチームを勝利に導くかも重要な要素になる。どんな素晴らしい能力を持っていても、プロの世界ゆえに勝利に恵まれない選手は評価は上がらない。 米サイトの『Fadeaway world』が現役選手の通算勝率TOP10を発表。昨年...
別窓で開く

【ユーロバスケット・プレビュー|前編】ヤニス、ヨキッチ、ドンチッチらが勢揃い!欧州選手権に出場するNBAスターたちをチェック<DUNKSHOOT>
10日後に迫ったユーロバスケットの開幕。本来は昨年9月に開催される予定だったが、コロナ禍の影響、とりわけ東京オリンピックが2021年にずれこんだことで、この大会も今年に延期となった。 4グループに分かれてリーグ戦を行う予選ラウンドは、2015年大会からの流れを引き継ぎ、複数都市で開催。...
別窓で開く

体重超過で減給のザイオン、減量でボーナス支給のディーオウ——NBA選手たちの特殊な契約形態<DUNKSHOOT>
先日、ニューオリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが延長契約を締結。内容は5年で1億9300万ドルのMAX契約だが、ここに今季オールNBAチーム入り、あるいはMVP、最優秀守備選手賞に選ばれれば、金額が2億3100万ドルに跳ね上がることが話題になった。 ただしこの契約には条項が盛り込まれてい...
別窓で開く

「SNSやテレビを見てたらおかしくなるよ」セルティックスの“デュラント獲得報道”をテイタムがバッサリ「まるで真実のように話してる」<DUNKSHOOT>
現地時間8月4日(日本時間5日、日付は以下同)、ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムが地元セントルイス州の高校でバスケットボールキャンプを開催。その際に応じた『NBC Sports』の取材で「僕はいつだって自分のこと、それにチームメイトたちのことを信じている」と口にし、さらにこう続けた。「...
別窓で開く

デュラントの移籍候補に挙がっていたセルティックスが “ブラジルのKD”とキャンプ契約を締結<DUNKSHOOT>
昨季、12年ぶりにNBAファイナルに駒を進めたボストン・セルティックス。最終決戦ではゴールデンステイト・ウォリアーズに2勝4敗で敗れたものの、カンファレンス準決勝では前年王者のミルウォーキー・バックスを下すなど充実したシーズンを送った。 今季に2008年以来の優勝を果たすため、チームは今オフにマルコ...
別窓で開く

NBA歴代“一発屋チーム”を選定! 新人の年がピーク、弱小球団で覚醒など、一瞬の輝きを放った男たち<DUNKSHOOT>
NBAに限らずスポーツの世界では、決して「スター」として記憶されていない選手の中にも、1年や1か月単位など“一瞬の輝き”を放った選手が存在する。『THE DIGEST』の当シリーズでは、これまで様々なカテゴリー別にベスト5を選出してきたが、今回は各ポジションを代表する歴代&l...
別窓で開く

「僕はテレビで見たことは信じない」テイタムがデュラント獲得の噂に言及「このチームとここにいる皆が大好き」<DUNKSHOOT>
ジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンの2枚看板を中心に、昨季12年ぶりにNBAファイナルに勝ち進んだボストン・セルティックス。 頂上決戦ではゴールデンステイト・ウォリアーズに2勝4敗で敗れて優勝は逃したものの、今夏にトレードでインディアナ・ペイサーズからマルコム・ブログドン、アトランタ・ホーク...
別窓で開く