本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「サムライブルーの秘密兵器」三笘薫は“デ・ブルイネ級”!? 今季絶好調の25歳に英オッズ社も期待「世界の注目を集める」
開戦まで約1週間に迫っているカタール・ワールドカップ。グループEでドイツ。スペインという世界屈指の強豪国と相対する日本にとって楽ではない戦いが予想されるなかで、注目度を高めているアタッカーがいる。ブライトンの三笘薫だ。 現在25歳の若武者は、目下、絶好調だ。今夏にベルギーのユニオンSGからブライトン...
別窓で開く

「ミトマは常に脅威だ」“大暴れ”の三笘薫に賛辞の嵐! 元英代表FWリネカーらが日本語も用いてベタ褒め!「素晴らしい選手」
日本が誇るドリブラーが、特大のインパクトを“サッカーの母国”に残した。 現地時間11月5日に開催されたプレミアリーグの第15節で、敵地でウォルバーハンプトンと対戦したブライトンは3-2でシーソーゲームに勝利。順位もヨーロッパリーグ圏内とする6位に浮上した。...
別窓で開く

「イングランドの右SBはミトマを止められない」ブライトンが公開した三笘薫の“無双シーン”に現地反響!「彼のドリブルはアジア最高、ソン・フンミン以上だ」
 10月4日、ブライトンの公式SNSが、所属する三笘薫の動画を公開した。「カオルを止められない」と題してアップしたのは、先のリバプール戦(3−3)で無双したドリブル突破のシーンだ。  65分に投入された日本代表MFは72分、左サイドでボールを持つと、いったん静止した状態から仕掛けると、イングランド代...
別窓で開く

「ぶち抜いてるのエグい」「そりゃとめられんわな」三笘薫、リバプールのイングランド代表DFを手玉に取ったドリブル突破が反響!
 現地時間10月1日に開催されたプレミアリーグの第9節で、三笘が所属するブライトンがリバプールと敵地アンフィールドで対戦。一時は2点差を逆転されたものの、84分にレアンドロ・トロサールの3点目で追いつき、3−3のドローに終わった。 その同点ゴールを鋭いクロスでお膳立てしたのが、逆転された直後の65分...
別窓で開く

「勢いをもたらし、脅威となった」リバプール戦で躍動した三笘薫を地元メディアが激賞!「彼のスピードとトリッキーなプレーに手を焼いていた」
 三笘薫がアンフィールドで輝きを放った。 現地時間10月1日に開催されたプレミアリーグの第9節で、三笘が所属するブライトンは敵地アンフィールドでリバプールと対戦。ロベルト・デ・ゼルビ体制の初陣は3−3のドローに終わった。 日本代表帰りのアタッカーに出番が回ってきたのは、レアンドロ・トロサ—ルのゴール...
別窓で開く

「南野拓実は頭の良い選手」と評価するリバプールOB、一方で「資金調達のために犠牲にする必要も」と主張
プレミアリーグ第28節のブライトン戦(1-2の敗戦)で2試合ぶりの先発出場を果たした南野拓実だが、65分間のプレーに対する現地メディアの評価は辛口なものが大半を占めた。 冬の移籍市場最終日にリバプールからのレンタルでセインツの一員となり、デビュー戦でいきなりゴールを決め、強豪チェルシーからも冷静な判...
別窓で開く

「相手の脅威になる存在だ」南野拓実に元リバプール戦士が太鼓判! レンタルバック後のブレイクには——
厳しい評価を受けるサムライ戦士に、賛辞が寄せられた。 現地時間3月14日に行なわれたプレミアリーグ第28節でブライトンと対戦したサウサンプトンは1-2と敗戦。2試合ぶりにスタメン入りを果たした南野拓実は、期待されたゴールに絡む仕事ができず、65分でネイサン・レドモンドとの交代を命じられた。...
別窓で開く

「クオリティが高く、人間的にもナイスガイ」南野拓実に寄せられる同僚、OBから賛辞!古巣メディアも「帰還後」に期待
冬の移籍市場最終日にリバプールからサウサンプトンにレンタル移籍し、ニューカッスルとの新天地デビュー戦で見事なゴールを挙げたことで、南野拓実の評価と今後への期待は高まる一方である。 現地メディア、ファンだけでなく、OBや有識者からも多くの称賛を受けている26歳の日本人選手については、チームメイトも好印...
別窓で開く

「完璧なスタート」デビュー戦ゴールの南野拓実に多方面から称賛の声!一方で得点以外のプレーには厳しい評価も
2月6日(現地時間)、プレミアリーグ第23節が行なわれ、サウサンプトンは3−2でニューカッスルに敗れた。 冬の移籍市場最終日にリバプールからレンタル移籍した南野拓実は、「セインツ」でのデビュー戦をスタメンで飾り、左サイドハーフとしてプレー。...
別窓で開く

「フットボールを楽しめない」問題続きのVARシステムにイングランドで反発の声が続々!「美しさや魂を失った」
 ビデオアシスタントレフェリー(VAR)は、主審だけでは判断しかねる、あるいは意見が分かれるようなプレーをより明確にする、革新的な導入になるはずだった——。 しかし、およそ3年前に各国リーグで本格導入が始まって以来、VARは物議の対象となり続けている。...
別窓で開く


<前へ12次へ>