本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



マッケンジー・ヒューズが首位浮上 松山英樹は57位後退【フェデックスカップランキング】
米国男子の2022-23年シーズンは早くも2試合目が終了。『フェデックスカップランキング』が更新され、「サンダーソンファームズ選手権」で6年ぶりの米ツアー2勝目を挙げたマッケンジー・ヒューズ(カナダ)が528ポイントで単独首位に浮上した。...
別窓で開く

10年連続最終戦出場に向けて…松山英樹は25位からスタート【フェデックスカップランキング】
米国男子の2022-23年シーズンは「フォーティネット選手権」を皮切りに開幕。「ウィンダム選手権」(23年9月3〜6日、ノースカロライナ州)まで44試合が開催され、その後3試合のプレーオフシリーズが行われて年間王者が決まる。開幕戦が終了し、新シーズンの『フェデックスカップランキング』が発表された。...
別窓で開く

松山英樹は9年連続プレーオフ進出 小平智は来季のシード獲得ならず入れ替え戦へ【フェデックスカップランキング】
PGAツアーレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」が終わり、年間ポイントレース『フェデックスカップランキング』の最新順位が発表された。今回発表されたランキングはLIVゴルフに出場した選手たちは抜かれたものとなっており、ここで125位までに入った選手が来季のシード獲得、プレーオフシリーズ第1戦「...
別窓で開く

米国男子レギュラー最終戦2Rはサスペンデッド 小平智は3打差暫定10位タイに浮上で大逆転シード、優勝も見えてきた!
<ウィンダム選手権 2日目◇5日◇セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)◇7131ヤード・パー70>米国男子ツアーのレギュラーシーズン最終戦はの2日目は日没によりサスペンデッドに。日本勢で唯一出場している小平智はすでにホールアウト、5バーディ・1ボギーの「66」で首位と3打差のトータル6アンダー...
別窓で開く

小平智は後半巻き返してシードに望みをつなぐ リッキー・ファウラーは苦しい立ち上がり
<ウィンダム選手権 初日◇4日◇セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)◇7131ヤード・パー70>米国男子ツアーのレギュラーシーズン最終戦は初日の競技が終了。日本勢で唯一出場している小平智は5バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「68」で首位と7打差の2アンダー・41位タイにつけている。...
別窓で開く

いよいよレギュラーシーズン最終戦 シード権、プレーオフ進出が厳しい選手は?【フェデックスカップランキング】
米国男子ツアー「ロケット・モーゲージ・クラシック」が終わり、年間ポイントレース『フェデックスカップランキング』の最新順位が発表された。トップ3に変動はなく、1位スコッティ・シェフラー(米国、3556pt)、2位キャメロン・スミス(オーストラリア、2335pt)、3位サム・バーンズ(米国、2275pt...
別窓で開く


<前へ1次へ>