本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日産の軽EV「サクラ」の販売に暗雲...政府のEV補助金、10月末にも終了か?
日産自動車が2022年6月に発売した軽の電気自動車(EV)「サクラ」の販売動向が注目されている。日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が8月4日に発表した7月の車名別新車販売によると、サクラは3319台で軽部門13位、全体では26位だった。これは6月中旬時点で1万台余...
別窓で開く

三菱eKシリーズの特徴とは?三菱eKクロススペースとスペーシアギアとの違いも解説
− eKクロススペースの特徴や人気の理由とは −現在、軽自動車の中でも人気のジャンルなのがスーパーハイトワゴンと言われるタイプです。スーパーハイトワゴンとは、スズキ・ワゴンRやダイハツ・ムーヴなどの屋根が高いハイトワゴンタイプよりも、さらに屋根を高くし、室内空間を確保した乗用車のジャンルを表します...
別窓で開く

ゲームチェンジャーとなるか?! 日産と三菱自の軽EV、出足好調...なぜこれほど人気? 価格、使い勝手はどうか?
日産自動車の軽の電気自動車(EV)「サクラ」の受注が、2022年5月20日の発表から約3週間で1万1000台を突破した。日産はサクラの月間販売目標を明らかにしていないが、EVで1万1000台超の受注は前例のない大ヒットといえる。■セカンドカーとしての購入意向強い日産が「軽のゲームチェンジャー」を目指...
別窓で開く

日産と三菱が発表した軽EVはニッポンで普及するのか?
5月20日、日産と三菱が発表した軽EVが話題を呼んでいる。しかし現在、日本市場におけるEVのシェアは1%未満。正直、EVの普及はまったく進んでいない。日産と三菱が放った軽EVは、ゲームチェンジャーの役目を担えるのか? 自動車専門誌の元編集長で、カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏に話を聞いた。...
別窓で開く

【ハスラー・タフト・ekクロス】注目の軽クロスオーバーSUV3台を徹底解説!
− ハスラー・タフト・ekクロス、それぞれの車の特徴とは −乗用車の車体をベースに、本格的なオフロード車風のスタイリングを施したクロスオーバーSUVが世界的に人気です。日本でも軽自動車のクロスオーバーSUVが注目されており、2021年の軽自動車新車販売ランキングのベスト15に、クロスオーバーSUVの...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。まず、「週刊東洋経済」(2022年1月15日号)の特集は、「ライフシフト超入門」。...
別窓で開く

メーカーやディーラーが自ら手掛ける最新キャンピングカー6選
いつの時代も愛車をカスタムして“人とは違う”個性を楽しむ人は多くいます。一方でカスタムに興味はあるけれど、メーカーの直系であるディーラー以外のお店でいじってもらうことに抵抗があるという人も少なくありません。そのため、90年代後半ごろから自動車メーカーは、メインモデルとは別にカスタムグレードを設定した...
別窓で開く

広さや走りは宿敵超え!三菱「eKスペース」はベーシックだけど実力はピカイチ
今、軽乗用車市場で人気なのが、ワゴンスタイルを採用したモデル。今回紹介する三菱自動車の「eKスペース」も、そんな人気ジャンルに属す1台だ。デザインだけでなくメカニズムまで一新された2代目eKスペースは、果たしてどんな魅力を備えているのだろうか?■乗る人を選ばないスタイルと広いキャビン実は軽ワゴンには...
別窓で開く

ぬかるんだ路面にも結構強い!三菱「eKクロススペース」は趣味のアシに使えるぞ
現在、日本の乗用車市場における売れ筋といえば、軽自動車の“スーパーハイトワゴン”。各社がニューモデルを積極的に開発し、熾烈な競争が繰り広げられている同カテゴリーに、この春、1台の変わりダネが登場した。それが、三菱自動車の「eKクロススペース」だ。今回はその実力を検証するとともに、ライバルにはないeK...
別窓で開く

普通車はいらないかも!?日産「ルークス」は軽自動車とは思えぬ質感と広さが自慢です
今、軽自動車カテゴリーで人気なのが、背が高くリアの両側にスライドドアを設けた“スーパーハイトワゴン”。各社がニューモデルを続々と投入し、熾烈な競争が繰り広げられている同クラスだが、先日また1台、注目のモデルが登場した。それが日産自動車の「ルークス」だ。今回はその実力と、ライバルに対するアドバンテージ...
別窓で開く


<前へ12次へ>