本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アジカン、全国ホールツアー『プラネットフォークス』横浜アリーナ含む後半9公演を発表
ASIAN KUNG-FU GENERATIONが、全国ホールツアー『ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2022 「プラネットフォークス」』の後半日程を発表した。後半日程は、9月30日の宮城・仙台サンプラザホールをはじめ、北海道や沖縄など前半日程にはない地域、そしてアジカン...
別窓で開く

ASIAN KUNG-FU GENERATION、最新アルバム収録曲「De Arriba」MVのプレミア公開が決定
ASIAN KUNG-FU GENERATIONの楽曲「De Arriba」のMusic Videoが、5月27日21時よりプレミア公開されることが決定した。「De Arriba」は3月30日に発売された10thアルバム『プラネットフォークス』の収録曲。...
別窓で開く

■価格が安く、デザインがよく、実用性が高いSUVダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズ ダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズは2019年末のデビュー以来、好調なセールスをキープしている。ダイハツは以前から、テリオスとキャミ、ラッシュとビーゴなど、トヨタにOEM供給するコンパクトSUVを開発/生産してきた。...
別窓で開く

「兄弟車」まだ必要? ノア/ヴォクシーはなぜ残ったか “中身同じで別車種”戦略の意義
トヨタ「ノア/ヴォクシー」のように、中身は同じで外側だけ変えて別車種にする「兄弟車」が数を減らしています。昔は3兄弟もありましたが、もはや別車種を用意する理由が希薄に。そのなかでなぜ「ノア/ヴォク」は残ったのでしょうか。絶滅近い、“一部の”兄弟車 クルマには“兄弟車”という関係が存在します。...
別窓で開く

4月の新車販売で2位に躍り出たトヨタ「ルーミー」ってどんなクルマ?
4月の新車販売総合ランキングでトップに輝いたのは、ホンダの軽自動車「N‐BOX(エヌボックス)」。これで4ヵ月連続の首位。安定の強さである。しかし、今回の発表で注目を集めているのは2位のトヨタ「ルーミー」だ。大躍進の背景にはいったい何が? 自動車専門誌『月刊くるま選び』の元編集長で、カーライフジャー...
別窓で開く

「何だかだまされているような気がする…」補給の途絶えた島に取り残された極限状態の兵士は“終戦”の瞬間に何を思ったか
「タイヒ! タイヒ!」甲板上は鮮血が流れ、絶叫と悲鳴でごったがえして…第二次大戦下の太平洋で日本軍が体験した“地獄絵図” から続く 太平洋における日本海軍の最大の根拠地トラック島防衛のため派遣されるも、米機攻撃に遭遇し、多数の人員と装備全部を喪失してしまった「松本百五十連隊」。...
別窓で開く

「タイヒ! タイヒ!」甲板上は鮮血が流れ、絶叫と悲鳴でごったがえして…第二次大戦下の太平洋で日本軍が体験した“地獄絵図”
 長野県松本の郷土部隊として前線へと動員された「松本百五十連隊」。太平洋における日本海軍の最大の根拠地であるトラック島へと向かった彼らを待ち構えていたのはアメリカ軍からの魚雷攻撃だった……。 ここでは、『あゝ野麦峠』で著名な作家の山本茂実氏が当時出征していた人々の生の声を記録した『 松本連隊の最後 ...
別窓で開く

アトレーはラゲッジスペースを“もうひとつの部屋”として使えるボクシーバン。楽しみ方はユーザーしだい。エンジンはターボ、骨太な作りはプロユースを思わせる。■使い尽くせるマルチBOX車中泊やワーケーションにも アトレーは、日本の物流を担う“はたらくクルマ”、ハイゼット・カーゴの上級バージョン。新型は「使...
別窓で開く

【ハスラー・タフト・ekクロス】注目の軽クロスオーバーSUV3台を徹底解説!
− ハスラー・タフト・ekクロス、それぞれの車の特徴とは −乗用車の車体をベースに、本格的なオフロード車風のスタイリングを施したクロスオーバーSUVが世界的に人気です。日本でも軽自動車のクロスオーバーSUVが注目されており、2021年の軽自動車新車販売ランキングのベスト15に、クロスオーバーSUVの...
別窓で開く

【スズキ・ダイハツ・ホンダ】ソロキャンプにおすすめの車3選、整備士が厳選
かつては、アウトドアやキャンプといえば「仲間と楽しむ」というスタイルが主流でしたが(※編集部注)、コロナ禍の影響もあり、1人で出かける「ソロキャンプ」を楽しむ方が増えてきています。気軽に楽しめるソロキャンプですが、荷物が多かったり車中泊もしたかったりなど、快適性を重視するなら車選びにはこだわりたいも...
別窓で開く