本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



至宝ウェンバンヤマや名手マジックも来場した特別な夜。パリゲームにラビーンは「チームメイトとの仲も深まった」<DUNKSHOOT>
1月19日、フランスの首都パリで、2度目のNBAのレギュラーシーズンマッチ、デトロイト・ピストンズ対シカゴ・ブルズ戦が行なわれた。 前回は2020年1月、フランス代表のニコラ・バトゥームが所属していたシャーロット・ホーネッツと、前年MVPのヤニス・アデトクンボ擁するミルウォーキー・バックスが対戦(1...
別窓で開く

【NBA】ネッツは猛追及ばず、デュラント離脱後4連敗…渡邊は今季初めて3戦連続3ポイント成功なし<DUNKSHOOT>
現地時間1月19日、ブルックリン・ネッツは敵地フットプリント・センターでフェニックス・サンズと対戦。112−117で敗れ、今季成績を27勝17敗とした。渡邊雄太は15分36秒のプレーで1得点(フィールドゴール0/1、3ポイント1/2)、3リバウンド、2スティールを記録した。...
別窓で開く

【NBA】2枚看板不在のネッツはオフェンスが不発でスパーズに敗退。渡邊雄太は今季3度目の無得点に<DUNKSHOOT>
現地時間1月17日、ブルックリン・ネッツは敵地サンアントニオのAT&Tセンターでサンアントニオ・スパーズと対戦した。 この日のネッツは右ヒザのケガで離脱中のケビン・デュラントに加え、カイリー・アービングがふくらはぎを痛めて欠場。先発はベン・シモンズ、セス・カリー、ジョー・ハリス、ロイス・オニール、ニ...
別窓で開く

クリッパーズに内部分裂?レナードに関する“上からの指示”を元NBA選手が暴露「首を突っ込むべきでない人間がいる」<DUNKSHOOT>
今季のロサンゼルス・クリッパーズは、カワイ・レナード、ポール・ジョージ、ジョン・ウォールといったオールスター経験者を擁する充実の陣容ながら、12月末から6連敗を喫するなど、安定しない戦いが続いている。そんなタレント軍団について、リチャード・ジェファーソン(元ニュージャージー/現ブルックリン・ネッツほ...
別窓で開く

ピアースがマジック・ジョンソンの仰天“負けず嫌いエピソード”を暴露「俺は一切ファウルしてないのに!」<DUNKSHOOT>
NBAが誇るレジェンド、マジック・ジョンソン。1979年にドラフト1位指名受けロサンゼルス・レイカーズに入団し、5度の優勝に3度のシーズンMVP、3度のファイナルMVP、4度のアシスト王獲得など、輝かしい実績を残した殿堂入りスターだ。...
別窓で開く

ジョーダンへの「尊敬しない」発言の真意をアイバーソンが告白「彼をリスペクトしないなんてふざけてる」<DUNKSHOOT>
NBAレジェンドの1人、アレン・アイバーソン。1996年のドラフト1位指名でフィラデルフィア・セブンティシクサーズに入団した公称183cmの小柄なガードは、新人王、シーズンMVP、4度の得点王獲得など輝かしい実績を残しただけでなく、観る者の心を震わせる熱いプレー、そしてコート外でも圧倒的なカリスマ性...
別窓で開く

「アイバーソンは優勝していない史上最高の選手」レジェンドを押しのけ推挙した理由をアリナスが説明「彼を破ったチームを見ろ」<DUNKSHOOT>
2022−23シーズンのNBAは、ドノバン・ミッチェル(クリーブランド・キャバリアーズ)が71得点、ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)が60得点、ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)が59得点、デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)が58得点を記録するなど、スター...
別窓で開く

NBAドラフト1位指名最右翼のウェンバンヤマ。フランス元首相やオスカー俳優が観戦に訪れる社会現象に<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフトで全体1位指名が有力視されているフランスの至宝、ヴィクター・ウェンバンヤマ。1月4日に19歳の誕生日を迎えたティーンエイジャーは現在、フランスのバスケットボール界にかつてないほどの旋風を巻き起こしている。 所属するメトロポリタンズ92(通称メッツ)の試合のチケットは、本拠地だけで...
別窓で開く

「彼がMVPじゃなければふざけている」ヨキッチの3年連続MVPを指揮官、同僚が後押し「彼がいなければナゲッツはどうなったか」<DUNKSHOOT>
現地時間1月1日(日本時間2日、日付は以下同)、イースタン・カンファレンス首位の26勝10敗(勝率72.2%)を記録するボストン・セルティックスと、ウエスタン・カンファレンス1位の23勝12敗(勝率65.7%)をマークするデンバー・ナゲッツが激突し、ホームのナゲッツが123−111で勝利した。...
別窓で開く

世界中を驚かせたマジック・ジョンソンの電撃引退。生き様を通じて人々に送り続けた“勇気のアシストパス”【レジェンド列伝・後編】<DUNKSHOOT>
1985年、レイカーズとセルティックスは再びファイナルの舞台で相見えた。第1戦で34点差をつけられる屈辱的な敗戦を喫したのをバネにレイカーズは奮起し、通算9回目の対戦で初めてセルティックスを倒して王座に就く。3度目の直接対決となった1987年も、最終戦でマジックがジャバー直伝の”ジュニア...
別窓で開く