本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



仙台育英が甲子園初V 107年越しの東北勢「悲願成就」への長い道のり
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、仙台育英が成し遂げた「東北勢の悲願・甲子園優勝」にまつわるエピソードを紹介する。...
別窓で開く

宮城出身・玉川徹 甲子園「東北勢初」優勝に「『うれしい』では軽いんですよ」
夏の全国高校野球大会は22日(2022年8月)の決勝戦で、宮城県代表の仙台育英が山口県代表の下関国際に8-1で勝ち、春夏を通じた甲子園大会史上初めて東北勢が優勝した。これまで東北勢は決勝で12回負け続け、「13度目の正直」だった。23日の「モーニングショー」で宮城県出身コメンテーター玉川徹は、「東北...
別窓で開く

球史に残る好投手たちも挑んだ“白河の関越え”。ついに全国制覇を果たした東北勢の「甲子園決勝惜敗」の歴史<SLUGGER>
第104回全国高校野球選手権大会は、仙台育英(宮城)が下関国際(山口)を8対1で下し、全国制覇を果たした。東北勢が甲子園の優勝旗を手にするのは、春夏通じて初の快挙となった。 東北勢の高校には、これまでに12度も決勝に挑みながら敗れ続けた歴史があった。...
別窓で開く

ダルビッシュ有、田中将大、菊池雄星——輝き放った11人の“甲子園“を振り返る
今年も日本列島に訪れた夏本番。連日、各地の暑さとともに、甲子園での高校球児たちの熱い戦いが伝えられている。この企画では2000年以降、夏の甲子園で輝きを放ったプロ野球選手を厳選して東西別で11人ずつを紹介していこう。■ダルビッシュ有(東北) 長身をいかした投球と振る舞いに傑物としての風格を漂わせてい...
別窓で開く


<前へ1次へ>