本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



仙台育英が甲子園初V 107年越しの東北勢「悲願成就」への長い道のり
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、仙台育英が成し遂げた「東北勢の悲願・甲子園優勝」にまつわるエピソードを紹介する。...
別窓で開く

宮城出身・玉川徹 甲子園「東北勢初」優勝に「『うれしい』では軽いんですよ」
夏の全国高校野球大会は22日(2022年8月)の決勝戦で、宮城県代表の仙台育英が山口県代表の下関国際に8-1で勝ち、春夏を通じた甲子園大会史上初めて東北勢が優勝した。これまで東北勢は決勝で12回負け続け、「13度目の正直」だった。23日の「モーニングショー」で宮城県出身コメンテーター玉川徹は、「東北...
別窓で開く

球史に残る好投手たちも挑んだ“白河の関越え”。ついに全国制覇を果たした東北勢の「甲子園決勝惜敗」の歴史<SLUGGER>
第104回全国高校野球選手権大会は、仙台育英(宮城)が下関国際(山口)を8対1で下し、全国制覇を果たした。東北勢が甲子園の優勝旗を手にするのは、春夏通じて初の快挙となった。 東北勢の高校には、これまでに12度も決勝に挑みながら敗れ続けた歴史があった。...
別窓で開く

中日・郡司、同僚に「夢を壊された」意外な恨み節にファン驚き 仙台育英時代からの遺恨は継続中?
中日の球団公式Twitterが22日に投稿した動画に、プロ3年目・24歳の郡司裕也が登場。同僚のプロ7年目・24歳の小笠原慎之介に関するコメントがネット上で話題となっている。 今回の動画で郡司は自身が3年時の2015年以来7年ぶりに夏の甲子園決勝に進んだ母校・仙台育英高校の後輩たちにエールを送り、東...
別窓で開く


<前へ1次へ>