本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2022年シーズンをもってプロ野球を引退する選手たちの功績を振り返る
2022年シーズン、オリックス・バファローズが日本一に輝き、幕をとじた日本プロ野球界。日本シリーズの前にはドラフト会議が行われ、新たにプロの門を叩く野球人たちが決まった。来る者がいれば、去る者もいるのが“プロ”という世界。今回は、2022年シーズン限りでプロ野球のフィールドから去ることを決めた選手た...
別窓で開く

プロ野球選手を最も多く輩出しているのは大阪府 逆に少ない都道府県といえば?
 プロ野球ドラフト会議が10月20日に行われ、支配下選手69人と育成選手57人の計126名が12球団から指名を受けた。毎回この時期になると気になることがある。“プロ野球選手を最も輩出している都道府県は?”というものだ。 今年の結果も加え平成以降のドラフトを対象に調べてみると、100人以上のプロ野球選...
別窓で開く

【氏原英明が推すWBCベストメンバー28人】難航したのは一塁手と遊撃手。本塁打王・山川をあえて外した理由とは<SLUGGER>
オーストラリアとの強化試合を終えた侍ジャパン。来年3月のWBCへ向け、28人の代表は一体どのような面々になるのか。『甲子園は通過点です』などの著書で知られる氏原英明氏が「理想のベストメンバー」を選出した。【動画】村上宗隆が強化試合3戦連発となる豪快な一発! 豪州戦ハイライト 今年唯一の侍ジャパン強化...
別窓で開く

西武・松井監督とロッテ・吉井監督 両新監督が「影響を受けた」と語る「東尾修」の存在
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、西武の松井稼頭央監督、ロッテの吉井理人監督、パ・リーグの2人の新監督にまつわるエピソードを紹介する。【サントリードリームマッチ2017】8回 プレモル・東尾修が投げ終え孫がタオルを差し出し笑顔を見せる=2017年8月7日 東...
別窓で開く

数々の迷エピソードに彩られた“愛すべき負け犬”【オカモト“MOBY”タクヤが語るカブス愛:前編】<SLUGGER>
鈴木誠也入団もあって、日本でも再び注目度が高まっているシカゴ・カブス。「SCOOBIE DO」のドラマーで、日本一熱狂的なカブスファンと言っても過言ではないオカモト"MOBY"タクヤ氏に、MLBでも独特の立ち位置を持つカブスというチームの魅力について語ってもらった(聞き手:久保田...
別窓で開く

“格差”が交流戦を面白くする!セ・12年ぶりの勝ち越しに見た「リーグ間対決」の機運【豊浦彰太郎のベースボール一刀両断!】<SLUGGER>
2年ぶりの開催となった今季のセ・パ交流戦は、49勝48敗11分で12年ぶりにセ・リーグが勝ち越した。 16年目を迎えた今年の交流戦は面白かった。佐々木朗希(ロッテ)の甲子園でのプロ初勝利や、佐藤輝明(阪神)の1試合3発、山本由伸(オリックス)の完全試合あと一歩の快投など数々の印象的なシーン。...
別窓で開く

実績十分の元大物メジャーリーガーに咲かなかったブレイク候補…今季最も期待を裏切った7人の男たち
毎年のことではあるが、今季も意外な不振に苦しんだ選手がいた。飛躍が期待されながら結果が出なかった選手もいた。思わぬ形で期待を裏切ってしまった者たちを、来季のリベンジを期待しつつ紹介しよう。▼バレンティン(ソフトバンク) ヤクルトでの9年間で通算288本塁打を積み上げてきた大砲だが、2年総額10億円で...
別窓で開く

菅野対大野よりすごい? 2011年にダルビッシュと田中将大が演じた“究極の沢村賞争い”を振り返る
菅野智之(巨人)と大野雄大(中日)の沢村賞争いが注目を集めている。菅野は球団史に名を刻む開幕13連勝を飾ってリーグ連覇に貢献すれば、大野は現代野球では異例の6完封や45イニング無失点を記録と、互いに一歩も引かぬ活躍で高レベルの争いを演じてきた。 今から9年前の2011年にも、パ・リーグで2人の投手が...
別窓で開く

【2020ブレイクアウト候補は誰だ!?:パ・リーグ】今井はダルビッシュへ!? 宗、辰己、石川には頼もしいデータが
今年はどんなニュースターが台頭するのか。練習試合の結果やデータ傾向などを踏まえ、編集部が選んだ5人の候補をそれぞれ見ていこう。●今井達也(西武) 練習試合で西武ファンならずとも驚いたのが、今井の成長だ。ダルビッシュ有を彷彿とさせる投球フォームから155キロの快速球を連発。...
別窓で開く

【野村弘樹のパ・リーグ順位予想】どこが優勝しても不思議はないが、主力退団をはね除ける西武に期待大!
新型コロナウイルスの感染拡大によって、3月20日の開幕が延期になってから3か月。プロ野球の新シーズンが、ついに6月19日に幕を開ける。およそ5か月間で120試合を戦う未曾有の過密日程には、どんなドラマが待っているのか。現役時代は横浜で活躍し、最多勝も獲得した野村弘樹氏に、2020年シーズンの順位を改...
別窓で開く


<前へ12次へ>