本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



阪神「ブラック球団」烙印逃れに藤浪「MLB挑戦」容認 巨人と競合でも岡田新体制に「浅野翔吾」が必要なワケ
■28歳はタイムリミット プロ野球阪神は10月17日、藤浪晋太郎投手(28)のポスティングシステムによるMLB挑戦を容認すると発表した。ポスティング移籍は現在、選手が海外フリーエージェント(FA)権取得前に所属球団から認められることで使える制度で、イチロー(マリナーズ)に始まり、松坂大輔(レッドソッ...
別窓で開く

なぜ今メジャー挑戦を容認? 藤浪晋太郎を“飼い殺し”にした阪神の思惑
 阪神タイガースを巡る報道が俄かに騒がしい。新監督に岡田彰布(あきのぶ)氏の内定が報じられたかと思えば、その翌日、藤浪晋太郎(28)が今オフにポスティングシステムでの米大リーグ移籍を目指すことを表明したのだ。「今季は3勝5敗。0勝で終わった2019年よりは良くなりましたが、『これでメジャー?』という...
別窓で開く

藤浪晋太郎「MLB挑戦」、イップス再発懸念に「もう1年は阪神で」の声 残留のキーマンは「新監督」
■「金本監督の責任は大きい」 プロ野球阪神の藤浪晋太郎投手(28)が9月27日、今オフにもポスティングシステムによるMLB挑戦の希望を表明した。プロ1年目から3年連続で2桁勝利を挙げた後、制球難で長いスランプに陥った。今年は8月上旬の1軍昇格後は先発として好投を続け、制球に改善の兆しは見えるものの、...
別窓で開く

藤浪晋太郎の“メジャー移籍”報道に現地敏腕記者も沸き立つ。「かつてオオタニと並び称された存在」
9月28日、日本球界に驚きのニュースが飛び込んできた。阪神の藤浪晋太郎がこのオフにポスティング・システムを利用してメジャーリーグへ移籍する可能性が報じられたのだ。報道によれば昨年の段階から話し合いが行なわれているとのことで、球団はまだ容認していないものの、今後の動向が注目される。...
別窓で開く

鈴木誠也、パドレス入団が急浮上! 背景は通算449本塁打のベテランスラッガーの獲得失敗?「的を絞らざるを得なくなった」
現地時間3月10日に、99日間も続いたロックアウトが明け、MLBの各球団は4月7日のシーズン開幕日に向けた準備に余念がない。【動画】甲子園で虎党の度肝を抜いた一振り! 鈴木誠也が放った特大アーチをチェック FA(フリーエージェント)選手たちの動きもせわしなくなっている。...
別窓で開く

高卒1年目から3年連続最多勝のフル稼働が故障の遠因にも…“平成の怪物”松坂大輔の歩みを振り返る<SLUGGER>
今季限りで現役を引退した松坂大輔は、周囲の度肝を抜いた一軍デビュー戦を皮切りに、プロ入り直後から強烈なインパクトを残した。高卒選手では初の1年目から3年連続最多勝獲得と急ぎ足でスターダムに上り詰め、成長を繰り返しながら最多奪三振を4回、最優秀防御率も2回受賞。さらに、タイトルの対象ではない指標まで掘...
別窓で開く

「これは一大事だ!」ポスティングでのメジャー挑戦報道の鈴木誠也に米メディアも熱狂!「FAのトップ打者で若い」
広島カープの鈴木誠也が、ポスティング・システムでのメジャー移籍が確実となった。現地時間11月5日、MLB公式メディア『MLB.com』のジョン・モロシ記者は「メジャー球団は、ポスティング・システムでスーパースター外野手セイヤ・スズキの獲得が可能になる。今オフ、27歳はすぐに得られるトップ外野手の一人...
別窓で開く

「反逆者」と呼ばれた男たちが切り拓く日本球界の未来【1】「勘違いから人生は始まるんですよ」菊池雄星の“10年後”の思い
刺激的な見出しがネット上に流れる。 読者が過敏に反応し、世間が騒ぎ立てる。 当事者にとってはごく普通の思いを語った言葉に過剰反応を示すのは、その業界に"常識"以外の考えへの免疫がついていないからだろう。 昨秋、明治神宮大会である高校球児が夢を語った。「将来はメジャーしか考えていま...
別窓で開く


<前へ1次へ>