本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本三大フェスの1つ、ROCK IN JAPAN FESTIVAL(通称ロッキン)が今年から千葉で開催されることになった。これまで20年にわたり開催されてきた茨城では、移転に伴う経済的な損失や精神的な喪失感が懸念されたが、そんな中、新たなフェスがこの地に生まれようとしている。茨城放送が主催するLuc...
別窓で開く

人生で重要な転機となるようなチャンスが、ほかの人よりも頻繁に巡ってくるように見える人と、そうでない人はどこが違うのか。その秘密を解き明かした本『セレンディピティ:点をつなぐ力』がついに刊行された。59種類もの栄養素を含むユーグレナ(和名:ミドリムシ)で、世界の栄養問題を解決する—— 誰もが驚くような...
別窓で開く

ロシアで“ポスト・プーチン”の跡目争いが始まった 穀物利権めぐり側近たちで内紛勃発
 プーチン大統領は17日、ロシア版ダボス会議と呼ばれるサンクトぺテルブルク経済フォーラムで演説。重病説がくすぶる中、表舞台で「欧米の制裁は成功していない」と気炎を上げたが、側近たちは「跡目争い」に血眼だ。 現在、プーチン大統領の後釜として有力視されているのはモスクワのソビャニン市長、メドベージェフ前...
別窓で開く

プーチン氏「米国の一極体制終わった」…「EUは主権喪失」「対露制裁は狂ったこと」
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が17日(現地時間)、サンクトペテルブルクで開かれた国際経済フォーラム(SPIEF)の演説で語ったのは、西側諸国への非難だった。同時にプーチン大統領は、米国が主導する一極世界秩序の終息を宣言した。...
別窓で開く

ゼレンスキーが反転攻勢を断念「終戦カウントダウン」のカギを握る重要人物
 ロシアのウクライナ侵攻が続く中、ここにきて“戦争の終わり方”が議論になるようになった。いよいよ終戦が近いのだろうか。 きっかけは5月23日にスイスのダボスで開かれた世界経済フォーラムでの米国ヘンリー・キッシンジャー元国務長官の発言だった。キッシンジャー氏は「戦争前の分割ラインに戻るべきだ。...
別窓で開く

外国人観光客の受け入れ「日本はルールが厳しい」 サンデーモーニング平原氏の持論に疑問の声も
12日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、青年版ダボス会議日本代表の平原依文氏が外国人観光客のマスク着用について持論を展開。その内容に疑問の声が上がっている。 日本が外国人観光客を2年ぶりに受け入れ再開を決断したことについて、意見を求められた平原氏は「すごく嬉しいニュースであると思います。...
別窓で開く

錨を揚げた“ユン印の外交安保”…日本・中国・北朝鮮コントロールが最大の課題=韓国報道
韓国の全国同時地方選挙で勝機をつかんだユン・ソギョル(尹錫悦)政府の本格的な外交戦が繰り広げられる。まず、今月末に予定されている北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で多国間外交戦に乗り出す予定だ。北朝鮮の核への対応力が試される中、日本との関係改善、中国との関係再確立など外交戦略が最大の課題だ。...
別窓で開く

「キッシンジャーの魔法」は消えつつある
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が6月3日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ダボス会議でのキッシンジャー元米国務長官の発言について解説した。...
別窓で開く

「毎朝起きる時、ウクライナのために自分が何をやれたか考えてほしい」5月23日、スイスの保養地ダボスで開かれた世界経済フォーラム(通称ダボス会議)の開幕にあたって、ウクライナのゼレンスキー大統領が首都キーウからビデオ中継で特別講演を行った。ダボス会議は世界の政治家や経営者が集い、世界情勢を語り合う場と...
別窓で開く

ウクライナ危機長期化 いま西側諸国は主戦派と和平派、どちらの声が多いのか
 英誌エコノミスト(5月27日号)は「ロシアのウクライナ侵攻が長期化し、西側諸国は『交渉を通じてできるだけ早く戦争を終結させるべきだ』とする和平派と『ロシアに大きな代償を払わせるために戦争を続けるべきだ』とする主戦派に分かれ始めている」と報じた。同誌によれば、和平派はドイツ、フランス、イタリアなどの...
別窓で開く


[ ダボス ] の関連キーワード

キッシンジャ ウクライナ プーチン 北朝鮮 ロシア

<前へ12345次へ>