本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



乱ペース必至のスプリンターズS 快速馬たちの直後で粘り込みを図る素質馬が不気味
ダービージョッキー大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」——秋のGIシリーズがいよいよ幕を開けます。オープニングを飾るのは電撃の6ハロン戦、GIスプリンターズS(10月1日/中山・芝1200m)です。まずは、今年の出走メンバーをご覧になって、どんな印象をお持ちですか。大西直宏(以下、大西)近年のスプリント...
別窓で開く

オールカマーはラスト1ハロンが速い異例の馬場を味方にできる伏兵の一発に警戒せよ
ダービージョッキー大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」——先週の菊花賞トライアル、GIIセントライト記念に続いて、今週も中山・芝2200mを舞台とした注目のレースが行なわれます。秋の大舞台を目指す古馬たちがしのぎを削るGIIオールカマー(9月24日)です。大西さんは同レースについて、どんな印象をお持ちで...
別窓で開く

キーンランドCはタフな馬場の札幌での台頭が見込める「追い込み馬」に要注意
ダービージョッキー大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」——夏の札幌開催も残り2週。今週行なわれる重賞は、サマースプリントシリーズ第5戦のGIIIキーンランドC(8月27日/札幌・芝1200m)です。例年、馬場状態がレースの行方を左右するポイントとして挙げられます。大西直宏(以下、大西)洋芝の競馬場はひと...
別窓で開く

札幌記念は有力馬に乗る騎手の駆け引きに注目も、間隙を突く人気薄馬の大駆けに注意
ダービージョッキー大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」——夏競馬の大一番、GII札幌記念(札幌・芝2000m)が8月20日に行なわれます。今年もGI馬3頭をはじめ、好メンバーが集結。見どころは多いと思いますが、大西さんはどの辺りに注目していますか。大西直宏(以下、大西)やはり(有力馬に騎乗する)ジョッキ...
別窓で開く

アイビスSDはまれに見る大混戦。「前哨戦」で大敗した逃げ・先行馬の巻き返しに要注意
ダービージョッキー大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」——今週から夏の新潟開催がスタート。その開幕週には、国内で唯一の直線・芝1000mが舞台となる"名物重賞"GIIIアイビスサマーダッシュ(7月30日)が行なわれます。大西直宏(以下、大西)アイビスSDは僕が現役だった頃、カルストンライトオで2回(20...
別窓で開く

七夕賞は上位人気馬の先行争いが激化。後方待機の伏兵馬に出番あり!?
ダービージョッキー大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」——先週から始まった夏の福島開催は、初日から入場者数と売上が昨年より増加。開幕週は大変な賑わいとなりました。そして今週、同開催のメインイベントとも言えるGIII七夕賞(7月9日/福島・芝2000m)が行なわれます。さらなる盛り上がりが予想されますね。...
別窓で開く

家族の反対を押し切って騎手になった福永祐一の強い覚悟。“天才”と呼ばれた父が果たせなかった夢を掴むまで
福永祐一騎手(46歳/栗東・フリー)がJRAの2023年度調教師試験に合格。来年2月いっぱいで騎手を引退することになった。【動画】19度目の挑戦で悲願のタイトルを獲得した福永祐一。『日本ダービー2018』をプレーバック! 1970年代の中央競馬を知る人たちの口に、必ず“天才”...
別窓で開く

偉大な父の意志を受け継いだ福永祐一の成長曲線と“家族物語”
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は超難関の調教師試験に一発合格を果たした上、合格発表の当週の重賞レース・カペラSでは自身の区切りとなるJRA重賞通算160勝を達成と、競馬界の話題を独占する福永祐一騎手にまつわるエピソードを紹介する。...
別窓で開く

「武豊のために」 53歳、6度目のダービー制覇を支えた「2人の盟友」
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、5月29日に東京競馬場で行われた「第89回日本ダービー」で6度目のダービー制覇を達成。最年長勝利記録をつくった武豊騎手と、快挙を支えた馬主・調教師にまつわるエピソードを紹介する。...
別窓で開く

有馬記念前日に痛恨ミス 横山武史騎手を救った鹿戸調教師の「一言」
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、12月26日の競馬G1・有馬記念をエフフォーリアで初制覇した横山武史騎手のエピソードを紹介する。第66回有馬記念を制したエフフォーリア(10)。奥は2着のディープボンド=2021年12月26日 中山競馬場 写真提供:共同通信...
別窓で開く


<前へ12次へ>