本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



NBAの歴代“ベストジャーニーマンチーム”を選定!MVP経験者から優勝請負人、稀代の問題児まで多彩な顔ぶれに<DUNKSHOOT>
間もなくFA市場が解禁するNBA。シーズン中のトレードも含め、選手の移籍が頻繁に起こるリーグでは、いつの時代も複数のチームを渡り歩く“ジャーニーマン”が存在する。『THE DIGEST』の当シリーズでは、これまで様々なカテゴリー別にベスト5を選出してきたが、今回は各ポジション...
別窓で開く

グリーンは「スキルのあるロッドマン」。識者がウォリアーズの万能戦士をべた褒め!「フロア上で最も価値のある選手」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズにおいて、不動のエースはステフィン・カリーであり、“第2の男”と言えば、今季ケガから復活を果たしたクレイ・トンプソンの名前が挙がる。しかし、攻守の潤滑油的な役割を担うドレイモンド・グリーンがレギュラーに定着してから、スモールボールによるリーグ席...
別窓で開く

「私はマイケルとだけプレーする」ピッペンが“冷戦状態”だった元相棒ジョーダンとの再共闘を希望<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、シカゴ・ブルズを2度の3連覇に導いた伝説的なデュオだが、過去2年は確執が浮き彫りとなって世間を騒がせていた。しかし、盟友に対して公然と口撃していたピッペンが、ジョーダンと“また組みたい”意向を示している。 1984年ドラフト1巡目...
別窓で開く

「みんなマイケルを見るのに忙しすぎた」再びジョーダンに牙を剥くピッペン「我々はただの同僚」<DUNKSHOOT>
元シカゴ・ブルズのレジェンドであるスコッティ・ピッペンは、昨年11月に発売した初の自伝『Unguarded』の告知で、複数のフランスメディアに登場。かつての盟友であるマイケル・ジョーダンに再び辛辣な言葉を浴びせ、波紋を呼んだ。 ブルズと言えば、1991〜93年、96〜98年に2度の3連覇を達成してリ...
別窓で開く

ネッツを撃破したテイタム擁するセルティックスを識者が絶賛!「本物のチャンピオンシップ・コンテンダー」<DUNKSHOOT>
現地時間4月25日、ボストン・セルティックスはブルックリン・ネッツとのプレーオフ ファーストラウンド第4戦を116−112で制し、無傷の4連勝でカンファレンス・セミファイナル進出一番乗りを決めた。 ジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを擁するセルティックスと、ケビン・デュラント、カイリー・アー...
別窓で開く

“コビーのキャリア最高のプレー”としてガソル&レディックが挙げたのは?「あのパスが選手としての評価をさらに高めた」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズ一筋20年のキャリアで、コビー・ブライアントはいくつもの伝説を残してきた。数え切れないほどのハイライトプレーを生み出したなかで、“コビーのベストプレーをひとつだけ挙げる”となれば、多くのNBAファンが頭を悩ませることだろう。...
別窓で開く

「ジョーダンはピッペンなしでも勝てた」泥沼化する“最強デュオ”の関係性に元同僚が言及<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、かつてシカゴ・ブルズで2度の3連覇を果たした史上最高のデュオのひとつだ。しかし現在は確執が泥沼化し、「どちらが選手として上か」といった比較論にまで発展。そのなかで、元同僚のチャールズ・オークレーは、独自の視点で見解を述べている。...
別窓で開く

ペイトンがブルズ黄金デュオについて持論「レブロンはジョーダンより優れたオールラウンダー。それが当時のピッペン」<DUNKSHOOT>
シカゴ・ブルズ黄金期のデュオ、マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンの両雄を比較するとすれば、“史上最高のプレーヤー”とも称される神様ジョーダンに軍配を上げる人が大多数だろう。 しかし、往年の名選手であるゲイリー・ペイトンは、“キング”ことレブロン...
別窓で開く

「何が問題なのかわからない」名手ドミニクがジョーダン批判のピッペンに困惑「築いた関係を壊す必要はない」<DUNKSHOOT>
シカゴ・ブルズの黄金期を支えたマイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、長いNBAの歴史を彩る“史上最高のデュオ”のひとつとされている。 しかし、ジョーダンが主導で作成したドキュメンタリーの描かれ方にピッペンが抱いた不満が発端で確執へと発展。...
別窓で開く

ジョーダンとピッペンの関係は「終わった」。元同僚オークレーが断言<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペン。シカゴ・ブルズで2度の3連覇(1991〜93、96〜98)を成し遂げた黄金デュオだが、かつての絆は今や跡形もなく、関係は泥沼化している。元同僚のチャールズ・オークレーも、修復は不可能と考えているようだ。...
別窓で開く



<前へ123次へ>