本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「私はマイケルとだけプレーする」ピッペンが“冷戦状態”だった元相棒ジョーダンとの再共闘を希望<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、シカゴ・ブルズを2度の3連覇に導いた伝説的なデュオだが、過去2年は確執が浮き彫りとなって世間を騒がせていた。しかし、盟友に対して公然と口撃していたピッペンが、ジョーダンと“また組みたい”意向を示している。 1984年ドラフト1巡目...
別窓で開く

ペイトンがブルズ黄金デュオについて持論「レブロンはジョーダンより優れたオールラウンダー。それが当時のピッペン」<DUNKSHOOT>
シカゴ・ブルズ黄金期のデュオ、マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンの両雄を比較するとすれば、“史上最高のプレーヤー”とも称される神様ジョーダンに軍配を上げる人が大多数だろう。 しかし、往年の名選手であるゲイリー・ペイトンは、“キング”ことレブロン...
別窓で開く

ジョーダンとピッペンの関係は「終わった」。元同僚オークレーが断言<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペン。シカゴ・ブルズで2度の3連覇(1991〜93、96〜98)を成し遂げた黄金デュオだが、かつての絆は今や跡形もなく、関係は泥沼化している。元同僚のチャールズ・オークレーも、修復は不可能と考えているようだ。...
別窓で開く

「いろんな意味で悲しい」ピッペンのジョーダン批判に胸を痛めるヒル「レガシーが汚されるのは嫌だ」<DUNKSHOOT>
元シカゴ・ブルズのレジェンドであるスコッティ・ピッペンは、今年11月に発売した初の自伝『Unguarded』が大きな波紋を呼んだ。2度の3連覇(1991〜93年、96〜98年達成という栄光を分かち合った、名相棒のマイケル・ジョーダンを痛烈に批判したからだ。...
別窓で開く

「僕はジョーダンじゃない」アデトクンボが“神”の持つファイナル4戦連続40得点超えの偉業について言及<DUNKSHOOT>
7月11日(日本時間12日)に行なわれたフェニックス・サンズとのNBAファイナル第3戦で、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは41得点と大暴れ。第2戦に(42得点)続く40点超えを叩き出し、チームにシリーズ初勝利をもたらした。 NBAファイナルにおいて、2試合連続で40得点以上をマークし...
別窓で開く

9人のオールスターを輩出するも…。1999年ドラフト組の印象に影を落とした2位指名選手の凋落【NBAドラフト史】
オールスター選手を何名輩出しているかは、ドラフトクラスの実力を計る上でのひとつの指標となる。だが1999年のドラフト組は、9人のオールスター選手を擁しているにもかかわらず、その印象は希薄だ。それなりの実力者は揃うが突出した選手は皆無という、なんとも煮え切らない年。それが1999年組だった。...
別窓で開く

「レブロンは真のレイカーじゃない」コビーの同期マーブリーがそう語る理由とは?
2016年に引退したロサンゼルス・レイカーズのスーパースターだったコビー・ブライアントは、今年の1月26日(日本時間27日)にヘリコプター墜落事故に巻き込まれ、41歳にして人生の幕を閉じた。長年“後継者”と呼ばれ、親交も深かったレブロン・ジェームズは追悼式のスピーチで「彼のレ...
別窓で開く


<前へ1次へ>