本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



岡田彰布監督の采配を知る関本賢太郎が阪神の課題を語る。立て直しのキモは「守備力、リリーフ陣、右バッター」
 最終的にリーグ3位につけたものの、開幕9連敗でスタートするなど苦しい戦いが続いた今季の阪神。チームの立て直しと2005年以来のリーグ優勝を目指すため、15年ぶりに復帰した岡田彰布新監督にかかる期待は大きい。 第一次岡田政権時(2004〜2008年)、複数のポジションを守れる内野手として、リーグ優勝...
別窓で開く


<前へ1次へ>