本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【9・10月の投打部門別ベスト3:セ・リーグ】強打者ぶりが復活した中田翔が打撃二冠。投手部門では小笠原が3部門1位を達成<SLUGGER>
10月18日に9・10月の月間MVPが発表される前に、投打各部門の月間トップ3を紹介する。今回はセ・リーグ編だ。【野手】●OPS ※60打席以上1位 岡本和真(巨人) .9762位 西川龍馬(広島) .9613位 ビシエド(中日) .946 圧巻の成績で8月まで3か月連続戴冠だった村上宗隆(ヤクルト...
別窓で開く

【8月の投打部門別ベスト3:セ・リーグ】五冠の“村神様”は8月も月間MVP確定!投手部門では今永・山﨑のDeNAコンビが光る<SLUGGER>
9月7日に8月の月間MVPが発表される前に、投打各部門の月間トップ3を紹介する。今回はセ・リーグ編だ。【野手】●OPS ※60打席以上1位 村上宗隆(ヤクルト) 1.5752位 ロハス・ジュニア(阪神) .9743位 オスナ(ヤクルト) .949  2位と実に600ポイント以上の差をつけて、村上が圧...
別窓で開く

【球団別最高球速男|セ】21年だけで3球団が新記録樹立! “大谷超え”のビエイラは直前から7キロも球速アップ<SLUGGER>
スピードは浪漫——。バッターのホームランがそうであるように、ピッチャーの放つ剛速球もまた、ファンを熱狂させるファクターだろう。では、プロ野球12球団の“歴代最速”投手は誰なのだろうか。そして今季、大記録を更新する投手は現れるのだろうか(対象はシーズン公式戦・ポストシーズン)。...
別窓で開く

稲葉監督の脳裏に焼き付く“北京の悪夢”。侍ジャパンは負のジンクスを克服できるか【東京五輪】
いよいよ28日からオリンピックの野球競技が始まる。稲葉篤紀監督率いる侍ジャパンは金メダル獲得が至上命題とされる一方、いくつか不安の声も聞かれる。特に議論の的となっているのがメンバー編成だ。 千賀滉大(ソフトバンク)や菅野智之(巨人=辞退)のように、故障上がりや今季調子の良くない選手が何人も選ばれてい...
別窓で開く


<前へ1次へ>