本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本のプロ野球から「ダブルヘッダー」はなぜ消えた?最後の実施は1998年
 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目。今年は全国各地で感染者が急増し、その影響はプロ野球にも及んだ。 6月以降、チーム内に感染者が複数出たことでソフトバンクやヤクルトが試合を中止。巨人は7月後半に選手、スタッフら70人以上が陽性判定を受け、球宴をまたいで6試合連続で中止となった。...
別窓で開く

25年前とダブるDeNA“真夏の快進撃” 首位ヤクルトと17・5差→6差 1997、98年の結末は…
 「横浜DeNAベイスターズ」が快進撃を続けている。昨季は優勝チームのヤクルトから20ゲーム差の最下位。だが、8月15日現在、首位ヤクルトと7ゲーム差の単独2位につけている。昨季6勝17敗2分けだったヤクルトとの直接対決でもここまで7勝9敗とほぼ互角の成績だ。 14日に神宮球場で行われた直接対決では...
別窓で開く

カギ握る猛追のDeNA=9月は過密日程との戦い—プロ野球
 ヤクルトが独走しているプロ野球セ・リーグで、DeNAが猛追を見せている。8月に入って8勝2敗と好調で、10日には2位に浮上。7月3日には17.5あったゲーム差を7まで縮め、今後の上位争いのカギを握る存在になりそうだ。 光るのは投手陣の健闘だ。今永、大貫が引っ張る先発は、8月の10試合中8試合でクオ...
別窓で開く

 【出場選手登録抹消】▽広島・三好匠内野手▽DeNA・細川成也外野手(以上、感染拡大防止特例2022)(了)【時事通信社】...
別窓で開く

 【出場選手登録抹消】▽阪神・ガンケル投手▽巨人・井納翔一投手、増田陸内野手、岡田悠希外野手▽広島・大盛穂外野手▽中日・橋本侑樹投手(再登録は25日以降)(了)【時事通信社】...
別窓で開く

 ▽ヤクルト・高梨—阪神・青柳(神宮) ▽DeNA・今永—巨人・菅野(横浜) ▽広島・森下—中日・柳(マツダスタジアム)(了)【時事通信社】...
別窓で開く

巨人・菅野、次カードから一軍復帰? 原監督が意味深発言も課題は山積か
8月14日の広島戦に勝利し、3カード連続での勝ち越しとなった。ヤクルト追撃の一番手は原巨人か、三浦DeNA? 8月16日の両チームの対戦で、セ・リーグの終盤戦の戦況も見えてきそうだ。 「中田翔を4番に据えてから、チームの雰囲気も変わりました。中田には『4番の貫禄』みたいなものもあるし」(球界関係者)...
別窓で開く

【内田雅也の追球】『江夏の21球』のように…スクイズを察知した岩崎 外しにかかった中で無念の悪投
 ◇セ・リーグ 阪神4—5中日(2022年8月14日 京セラD) 『江夏の21球』のハイライトは江夏豊がスクイズを察知し外した19球目である。1979(昭和54)年の日本シリーズ最終第7戦。9回裏に広島クローザー江夏が投げた21球を山際淳司が雑誌『ナンバー』で描いた。 1点を追う近鉄9回裏1死満塁。...
別窓で開く

【あの甲子園球児は今(11)桐生第一・正田樹】40歳になっても、左腕を振り続ける男の記憶
 1999年、あの夏の主役は、確かに正田樹だった。 誰もがうらやましがるような甲子園優勝投手の大きな肩書だが、40歳となった桐生第一の左腕エースは「甲子園で優勝したからといって、特別よかったことはないですよ」と笑う。 初戦の比叡山戦で、あと一歩で完全試合という1安打完封を達成すると、大差となった仙台...
別窓で開く

巨人・丸 お得意さま左腕から決勝打「何とか結果出せて良かった」
 ◇セ・リーグ 巨人3—2広島(2022年8月14日 東京D) 2—2の8回1死三塁から、巨人・丸が決勝の左越え二塁打を放った。左腕ターリーの初球、155キロ直球を捉え「得点圏だったので、思いっきり行くしかない。何とか結果出せて良かった」と振り返った。 今季は対右投手の打率が.249で、左投手には....
別窓で開く


[ セ・リーグ ] の関連キーワード

ヤクルト 甲子園