本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



NBA新記録が誕生!? 元ウィザーズのベテラン戦士スミスがトレードで通算13球団の所属に<DUNKSHOOT>
フリーエージェントとの交渉解禁を翌日に控えた現地時間6月29日、デンバー・ナゲッツとワシントン・ウィザーズによるトレードが合意に達したと、米放送局『ESPN』など複数のメディアが報じた。 ナゲッツはウィル・バートンとモンテ・モリスを放出し、ウィザーズからケンテイビアス・コールドウェル・ポープとイシュ...
別窓で開く

今秋来日のウィザーズがナゲッツと2対2のトレード!エースのビールは契約を破棄して完全FAへ<DUNKSHOOT>
現地時間6月29日、ワシントン・ウィザーズとデンバー・ナゲッツによるトレードが合意に達したと、『The Athletic』など複数の現地メディアが報じた。 ウィザーズはケンテイビアス・コールドウェル・ポープ(29歳/SG)とイシュ・スミス(33歳/PG)を放出し、ナゲッツからモンテ・モリス(27歳/...
別窓で開く

ドンチッチがドラ1の逸材バンケロの活躍を予想「彼は凄い選手だと思う。偉大なコーチもいるしね」<DUNKSHOOT>
現地時間6月23日に開催された2022年のNBAドラフトで、オーランド・マジックから1巡目1位指名を受けたパオロ・バンケロ。事前予想ではジャバリ・スミスJr.(ヒューストン・ロケッツ/3位指名)がドラ1の有力候補として挙げられていただけに、いの一番での指名は、小さくないサプライズとなった。...
別窓で開く

ドラフト指名は叶わずも、レイカーズと契約の息子を名手ピッペンが祝福「今日は最高の瞬間のひとつだ」<DUNKSHOOT>
現地時間6月23日にバークレイズ・センターで開催されたNBAドラフト2022では、1巡目全体1位でオーランド・マジックから指名を受けたパオロ・バンケロ(デューク大)をはじめ、2位指名のチェット・ホルムグレン(/オクラホマシティ・サンダーゴンザガ大)、3位指名のジャバリ・スミスJr.(ヒューストン・ロ...
別窓で開く

【NBAドラフト】“サプライズ”で全体1位指名を受けた逸材バンケロ「自分の持つすべてをオーランドへ持ち込むつもりだ」<DUNKSHOOT>
現地時間6月23日、ブルックリンのバークレイズ・センターでNBAドラフト2022が開催され、デューク大学1年のパオロ・バンケロがオーランド・マジックから全体1位で指名された。 208cm・113kgと立派な体躯を誇るフォワードは、今季デューク大で39試合に出場し平均17.2点、7.8リバウンド、3....
別窓で開く

【NBAドラフト候補】ロケッツからの3位指名が有力視。デューク大出身のイタリア系エース、パオロ・バンケロとは<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフトは、現地時間6月23日にブルックリンのバークレイズ・センターで開催される。 各メディアの予想で上位指名候補に挙げられているのは、オーバーン大のジャバリ・スミス、ゴンザガ大のチェット・ホルムグレン、そしてデューク大のパオロ・バンケロ。いずれも大学のフレッシュマン(1年生)たちだ。...
別窓で開く

名物コメンテーターが早くもウォリアーズの連覇を予想!「ステフはレブロンを超え、コビーやダンカンに並ぶ」<DUNKSHOOT>
NBAファイナルでボストン・セルティックスをシリーズ成績4勝2敗で下し、2021−22シーズンのチャンピオンに輝いたゴールデンステイト・ウォリアーズ。過去8シーズンでファイナル進出6回、タイトル獲得4回を成し遂げているなか、名物コメンテーターのスティーブン・A・スミス氏は、早くも来季の2連覇を予測し...
別窓で開く

「KD加入でステフは救われた」活性化する“カリーorデュラント論争”。名物コメンテーターはレブロン&ウェイドを引き合いに出し自論を展開<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、現在行なわれているNBAファイナルで最も注目を集めている選手の1人だ。 もし、今年優勝すれば、ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)がいた2017−18シーズン以来、自身4度目のタイトル獲得となる。...
別窓で開く

ウォリアーズ優勝の鍵は不振のトンプソン。マッカラムが指摘「第2戦のようなプレーだと彼らが勝つチャンスはない」<DUNKSHOOT>
現地時間6月5日に行なわれたNBAファイナル第2戦は、ゴールデンステイト・ウォリアーズが第3クォーターに35−14と爆発し、最終スコア107−88でボストン・セルティックスに快勝した。...
別窓で開く

今季ウォリアーズが優勝してもカリーはデュラントより下?名物識者が主張「KD、クレイ、ドレイモンドで同じことができる」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、現在戦っているボストン・セルティックスとのNBAファイナルを制せば、通算4回目のリーグ優勝に加え、自身初のファイナルMVPを受賞するかもしれない。 過去3回の優勝のうち、2017年、18年はケビン・デュラント(現ブルックリン・ネッツ)が加入した...
別窓で開く