本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「以前は5つの選択肢があったけど今はない」現代NBAにウォージーが見解。古巣レイカーズには「再建を拒否した」<DUNKSHOOT>
現代NBAはマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズ)やコビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)からバトンを受け取った“キング”ことレブロン・ジェームズ(レイカーズ)は37歳となり、世代交代が徐々に進んでいる。 そのなかで、NBA人気が徐々に高まっていた1980年代に...
別窓で開く

「プレーオフチームになる」ポルジンギスが来季のウィザーズに期待!今夏の補強ポイントはPG?<DUNKSHOOT>
ワシントン・ウィザーズは今季、5勝1敗の好スタートを切り、一時は10勝3敗でイースタン・カンファレンス首位に立っていた。 だがそこから成績は徐々に下降していき、昨年12月以降の月間戦績はいずれも負け越し。プレーイン・トーナメント参戦を目指して迎えたオールスターブレイク後も6連敗を喫するなど黒星が先行...
別窓で開く

【NBA】八村塁が今季最多37分の出場で21得点、5リバウンド!ウィザーズは敵地でウルブズに快勝!<DUNKSHOOT>
現地時間4月5日、イースタン・カンファレンス12位のワシントン・ウィザーズは、ミネソタ州ミネアポリスのターゲット・センターでウエスタン・カンファレンス7位のミネソタ・ティンバーウルブズと対戦した。 ウィザーズのスタートはトーマス・サトランスキー、コーリー・キスパート、ケンテイビアス・コールドウェル・...
別窓で開く

【NBA】八村塁、シーズンハイの21得点の活躍!ウィザーズはブルズに敗れて連勝は2でストップ<DUNKSHOOT>
現地時間3月29日、ワシントン・ウィザーズはホームのキャピタル・ワン・アリーナでシカゴ・ブルズと対戦した。 ウィザーズはトーマス・サトランスキー、コーリー・キスパート、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、八村塁、クリスタプス・ポルジンギスがスタートした。...
別窓で開く

【NBA】八村塁が今季初先発で10得点、連敗を6でストップ。レイカーズはレブロンが通算得点歴代2位浮上も終盤に失速<DUNKSHOOT>
現地時間3月19日(日本時間20日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズはホームでロサンゼルス・レイカーズと対戦して127−119で勝利。八村塁は今季初先発で25分13秒プレーし、10得点(フィールドゴール5/9、3ポイント0/2)、1リバウンド、1アシスト、2スティールを記録した。...
別窓で開く

【NBA】八村塁、シーズン最多3本の3ポイントをノーミスで決め11得点!ウィザーズは接戦を制し球宴明け初勝利<DUNKSHOOT>
現地時間3月1日、ワシントンDCのキャピタル・ワン・アリーナでワシントン・ウィザーズとデトロイト・ピストンズの一戦が行なわれた。 ウィザーズは過去2戦と同じ、ハウル・ネト、コーリー・キスパート、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、カイル・クーズマ、ダニエル・ギャフォードがスタートした。...
別窓で開く

八村塁の先発昇格はあるか?現地メディアがウィザーズのシーズン後半における“5つの疑問点”をピックアップ<DUNKSHOOT>
現地時間2月22日『NBC Sports Washington』へ、オールスターブレイク明けのワシントン・ウィザーズにおける5つの疑問という記事が掲載された。地元メディアが挙げた5つの疑問点は下記の通り。...
別窓で開く

サンズの“陰のMVP”は10日間契約選手?大黒柱ポールが「心から感謝したい」と語る理由とは<DUNKSHOOT>
昨年10月に幕を開けた2021-22シーズンだが、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大によって、12月から選手たちやコーチングスタッフ、チームスタッフが続々と安全衛生プロトコル入り。12月だけで11試合が延期となったため、NBAと選手会は20日、同プロトコル入りによって欠場を余儀なくされた不足...
別窓で開く

八村塁の来季の起用法は?選手層が厚くなったウィザーズで「ルイの役割は変わらない」とGMが先発起用を予想<DUNKSHOOT>
現地時間8月13日、ワシントン・ウィザーズのトミー・シェパードGM(ゼネラルマネージャー)が会見を行ない、チームの今オフの動きと来季展望について語った。 ウィザーズはドラフト前にロサンゼルス・レイカーズとのトレードが合意に達し、最終的に5チーム間の大型トレードに発展。...
別窓で開く

【NBA秘話】“幻”に終わったジョーダンvsマジックの1オン1対決。歴史的ビッグイベントが中止になった理由とは…〈DUNKSHOOT〉
NBAを代表するスーパースターが、本気モードの1オン1で戦ったら……。ファンであれば、誰もが想像したことがあるテーマだろう。現役の大物スターが直接対決するそんなイベントが、1990年代に2度計画されたことがあった。そのうちのひとつは、なんとマイケル・ジョーダンvsマジック...
別窓で開く


<前へ12次へ>