本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



レシステンシアの半弟、ジャスティンボルト。その乗り味のよさにスタッフらが称賛の嵐
厳選!2歳馬情報局(2022年版)第26回:ジャスティンボルト はや2歳GIが開催する時期を迎えるが、これからデビューする面々のなかにも注目の逸材たちがいる。 栗東トレセンの友道康夫厩舎に所属するジャスティンボルト(牡2歳/父キタサンブラック)も、その1頭である。周囲の期待も大きい良血ジャスティンボ...
別窓で開く

JRA攻略11/20『WIN5大作戦』〜投資“ざっくり3万円”で目指せ1000万円!!〜
(C)JRA〜11月20日のWIN5対象レース〜①東京10R南武特別スワーヴエルメレッドミラージュ  2頭芝2400メートルで未勝利、1勝クラスを連勝中のレッドミラージュ。前走は後続に3馬身半差をつけ2分23秒8で勝利しており、そのパフォーマンスを再現できれば昇級の壁はなさそう。スワーヴエルメは、現...
別窓で開く

JRA重賞『マイルCS』(GⅠ)本誌競馬班“厳選”軸1頭+相手5頭!
(C)JRAここ2年はグランアレグリアが君臨していたこともあって、3連単は万馬券未満と堅い決着となっていたこのレース。しかし今年は一転、五指に余る有力馬が集い、大変な混戦模様。登録馬の中にマイル重賞の勝ち馬が11頭もいるだけに、思わぬ波乱もありそうだ。...
別窓で開く

マイルCSは人気の盲点となる実力馬に注意。今の阪神の馬場にハマる大外一気で一発を狙う
ダービージョッキー大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」 先週日曜日の阪神競馬場では、午前中から雨が降るなかで競馬が行なわれたため、だいぶ馬場の内目の傷みが進行していました。GIエリザベス女王杯で外からの差し馬が台頭し、ふた桁馬番の馬が掲示板を独占したのも、そうした馬場の影響があったと思います。...
別窓で開く

【マイルCS・プレビュー】『三度目の正直』へ! ひと皮むけた“シン・サリオス”に鞍上は太鼓判!一方、白毛のアイドルホースの評価は?
秋のマイル王決定戦、マイルチャンピオンシップ(GⅠ、阪神・芝1600m)が20日に行なわれる。勢いある3歳の精鋭から歴戦の古馬勢まで、トップマイラーが集結したこの一戦。混戦模様と予想されるが、果たして栄冠を掴むのはどの優駿か。様々な面から勢力図を分析してみる。...
別窓で開く

マイルCSで狙うべきは「レースと縁がある血統馬」。唯一のディープインパクト産駒による波乱の可能性も
 11月20日、阪神競馬場で3歳以上よるGⅠマイルチャンピオンシップ(芝1600m)が行なわれる。通常は京都で行なわれるが、今年は京都競馬場改修工事の関係で、昨年に続き阪神競馬場で開催される。このレースを血統的視点から分析していきたい。 GⅠレースは、そのレースと相性がいい血統馬を狙うのが有効。...
別窓で開く

強い3歳世代。マイルCSで「新マイル王」の座に就くのはセリフォスか、ダノンスコーピオンか
 今年の3歳世代は「強い」と言われる。 事実、現在の日本競馬シーンにおけるトップクラスが集ったGI天皇賞・秋を、3歳馬のイクイノックスが勝利。同じく3歳馬のダノンベルーガが少差の3着に入った。これに、日本ダービーでこれら2頭を退けたドウデュースが加わるのだから、少なくとも中距離路線では「強い」3歳馬...
別窓で開く

◆2022年のG1は1番人気馬が15連敗中 スプリンターズSを皮切りにスタートした秋G1戦線。菊花賞まで3戦を終えましたが、いまだに春G1から続いている記録があります。 それは、1番人気馬の連敗記録です。 2022年、JRAの平地G1はこれまで15戦行われましたが、なんといまだに勝ち星なし。わずかに...
別窓で開く

【菊花賞】春クラシック上位馬不在の”特異な”三冠最終戦。「激推し」はディープ産駒のジャスティンパレスだ!
牡馬クラシック三冠の最終戦、菊花賞(GⅠ、阪神・芝3000m)が23日に行なわれる。 今年は非常に”特異な”異例ずくめのクラシック最終戦となった。まず京都競馬場の改修工事によって、昨年に続いて舞台が阪神競馬場に移されていることが一つ。そして、牡馬クラシックで上位に入った馬の多...
別窓で開く

ウマ娘公式「マイルや中距離を烈風のごとく駆け抜ける、風を愛するふんわりウマ娘です!」 育成ウマ娘にヤマニンゼファーが登場
現在大人気のゲーム「ウマ娘プリティーダービー」。...
別窓で開く


[ スプリンターズ ] の関連キーワード

ディープインパクト ディープ 菊花賞 jra

<前へ123456次へ>