本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



名手シャックが“犬猿の仲”であるモーニングに謝罪した過去を告白「俺が偽善者だった。彼が最高なんて知らなかった」<DUNKSHOOT>
1992年のドラフトでオーランド・マジックから全体1位指名を受けたシャックことシャキール・オニール。彼がNBA入りした当時は、アキーム・オラジュワン(元ヒューストン・ロケッツほか)、デイビッド・ロビンソン(元サンアントニオ・スパーズ)、パトリック・ユーイング(元ニューヨーク・ニックスほか)といった歴...
別窓で開く

実力はリーグ有数も、乱闘や罰金、出場停止は不可避? NBA歴代“トラブルメーカーチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
近年のNBAは品行方正で、トラブルとは無縁のクリーンな選手が増えている。もし何か問題を起こせば、情報はたちまちネット上に広まり“炎上”し、選手や所属するチームのイメージ低下を招くからだ。 しかし、一昔前のNBAでは、コート内外で世間を騒がせた問題児が多くいた。...
別窓で開く

重病に倒れたモーニングを支えたハーダウェイ。兄弟愛にも似た熱い友情を築いた2人【NBAデュオ列伝|後編】<DUNKSHOOT>
■天敵ニックスと血で血を洗う激しい肉弾バトルを展開 ヒートのハーダウェイ獲得の成果は、早くもライリー就任2年目の96−97シーズンに現われた。球団記録の61勝でアトランティック・ディビジョンを制覇。プレーオフでもオーランド・マジックとニューヨーク・ニックスを撃破し、カンファレンス決勝で王者シカゴ・ブ...
別窓で開く

モーニング&ハーダウェイーー数々の苦難を乗り越え、戦い続けたヒートのタフガイ・コンビ【NBAデュオ列伝|前編】<DUNKSHOOT>
■鮮烈なNBAデビューから一転チームを追われる不運 2000年のシドニー・オリンピック。アメリカの男子バスケットボールチームは、苦戦しながらも全勝で優勝した。喜びに沸くチームの中には、マイアミ・ヒートのチームメイト同士である、アロンゾ・モーニングとティム・ハーダウェイの顔もあった。...
別窓で開く

【名作シューズ列伝】720°ダンクで一躍人気選手に!伝説のストリートボーラー“Air Up There”の「720MID」
人に歴史あり。バスケにスーパースターあり。スーパースターにシグネチャーモデルあり。シグネチャーモデルにBOXあり!  今回紹介するのはAND1(アンドワン)から発売されたタウリアン・フォンテネットのモデル。...
別窓で開く

【名作シューズ列伝】殿堂入りした“ビッグベン”が2004年球宴で着用。BOXとの温度差が半端ない「INT-2 CHI MID」
人に歴史あり。バスケにスーパースターあり。スーパースターにシグネチャーモデルあり。シグネチャーモデルにBOXあり!  今年、クリス・ウェバー、ポール・ピアース、クリス・ボッシュといったスタープレーヤーとともに、ドラフト外選手として史上初となるバスケットボール殿堂入りを果たし、歴史に名を刻んだ&ldq...
別窓で開く

スプリーウェル、オリー、マックダイスら個性派を多く輩出したアラバマ大の歴代最強メンバーを選定!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとって“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを世界最高峰の舞台に送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別に...
別窓で開く

「強い彼らが戻ってきた」名門復活を果たしたニックスをかつてのライバルも称賛「1990年代を彷彿させる」<DUNKSHOOT>
ニューヨーク・ニックスと言えば、世界的大都市を拠点とするNBA創設当時からのオリジナルチームであり、ホームアリーナのマディソンスクエア・ガーデンは“バスケットボールの聖地”とも言われている。 これまでリーグ優勝2回(1970、73年)、90年代にはNBAファイナルに2回進出し...
別窓で開く

【NBA名脇役列伝・前編】無類の勝負強さを誇った“ビッグショット・ロブ”。オリー伝説の幕開けは1994年プレーオフ<DUNKSHOOT>
選手の優秀さを論じる際に、優勝回数が根拠に挙げられることがしばしばある。いわゆる“GOAT論争”でも、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)がレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)より優れている点として、ファイナルでの戦績を根拠とする意見は少なくない。...
別窓で開く

“永遠の未完の大器”クリス・ウェバーが大学時代に味わった“拭いきれない屈辱”【NBAレジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
■大学時代に味わった拭い去れない屈辱 新人王に選ばれ、オールスターには5回出場。オールNBAチームにも5回選出され、うち一度は1stチーム入りしている。どんな選手でも誇りに思って当然の経歴だ。 しかし、クリス・ウェバーに関してはそれでもなお物足りなさを覚える。...
別窓で開く


[ スプリーウェル ] の関連キーワード

dunkshoot there アラバマ int クリス
box mid nba chi air
マック

<前へ123次へ>