本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアはウクライナ侵攻を正当化するため、ツイッターで情報発信を続けている。在日ロシア大使館は「もっとも影響力のある公式アカウント」の一つだ。なぜロシアはウソの情報を拡散し続けるのか。毎日新聞取材班の書籍『オシント新時代 ルポ・情報戦争』(毎日新聞出版)からお届けする——。(第1回)■侵攻の口実をSN...
別窓で開く

ロシア女性にハメられた? 日本人外交官の「スパイ疑惑映像」をプロパガンダに利用する“窮地のプーチン”
 ウラジオストクの日本総領事館に勤務する領事がスパイ容疑で拘束された事件は、なぜ起きたのか。ロシア治安当局FSBが作成した「証拠映像」を分析すると、ロシア側の“作為”が浮かび上がってくる。今回に限らず最近のロシアでは、日本人をスパイにでっち上げ、さらには“プロパガンダ”に利用するケースが起きているの...
別窓で開く

ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、北朝鮮がロシアに急接近している。元外交官で作家の佐藤優さんは「北朝鮮はロシアとの関係強化を図り、この戦争を自国の利益のため最大限に利用している」という——(連載第23回)。■北朝鮮はウクライナ戦争を最大限に利用しているロシアによるウクライナへの軍事侵攻が長引き、食...
別窓で開く

?この日は、大箱屋の大場さんが僕に見せたいスーパーがあるとの事で、東久留米へやってきました。こちらは「泉屋 東久留米店」。んー、確かに多少は古い感じはするけど、外観を見た限りではまだピンと来ないなー。何はともあれ、入店してみましょう。?おー、これは凄い。店内は予想以上に昭和の面影を残しています。さす...
別窓で開く

『逃げ恥』作者の真骨頂を楽しめる!? 男女3人のゆるやかな関係を描く『スプートニク』
持つべきものは、共に歩き光を目指す、人生の旅の仲間。海野つなみさんによる、コミック『スプートニク』をご紹介します。「スプートニク」という言葉から多くの人が思い浮かべるのは、世界初の人工衛星の名前だろう。「辞書で調べたところ、ロシア語で『旅の仲間』という意味だと知り、すごくいい言葉だと思ってずっと温め...
別窓で開く

雪面から突き出た紫色の右手…クマ狩りに出た猟師5人の身に一体何が起こったのか
 読者諸賢は冷戦下のソ連(当時)で起きた「ディアトロフ峠事件」をご存じだろうか。 これは1959年2月、ウラル山脈のホラート・シャフイル山(現地の言葉で「死の山」)で雪山登山をしていたウラル工科大学の学生と卒業生の男女9名が遭難、後に全員遺体となって発見されたもので、一種の「未解決事件」として知られ...
別窓で開く

北朝鮮兵10万人のロシア軍投入でNATOがついに応戦開始!? プーチンvs連合軍の「リアル核戦争」は始まるのか?
8月5日、ロシア誌『国防』のイゴール・コロチェンコ編集長(ロシア陸軍予備役大佐)がロシアのテレビ出演時に『北朝鮮軍10万人がウクライナに来て紛争に参加する準備ができている』と話した、とニューヨークポストが伝えた。元・陸上自衛隊中央即応集団司令部幕僚長の二見龍元陸将補はこの報道に接し、戦況を次のように...
別窓で開く

「かつてないカオス…これが戦争や」ウクライナ侵攻の激戦地・イルピンで日本人カメラマンが見た“地獄絵図”《不肖宮嶋、最後の戦場》
 2022年2月24日、ロシアによるウクライナ侵攻が始まった。日本メディアのほとんどが現地入りを躊躇していた3月5日、ポーランドから陸路でウクライナ入りした男がいる。数々のスクープ写真で知られる報道カメラマン、「不肖・宮嶋」こと宮嶋茂樹さん(61)だ。 宮嶋さんは3月12日、ロシア軍が13キロまで迫...
別窓で開く

宇宙空間は主権及ばず、覇権争い激化—衛星攻撃の「キラー衛星」も—宇宙ゴミ1億個、リスク甚大
我々が見上げる空のどこからが宇宙なのだろうか。それは大気圏の外側のことである。大気圏は4つの層に分かれていて10km以下の対流圏では100m高くなると約0.65度気温が下がる。それを越える10〜50kmの成層圏にはオゾン層があり高くなるほど温度が上昇する。50〜80kmは中間圏、約80km以上は熱圏...
別窓で開く

バイデン訪日を仕掛けた特命組織「タイガーチーム」の世界的「反プーチン」情報操作
 米国のバイデン大統領は5月22〜24日まで日本を訪問し、日米豪印による「Quad(クアッド)」首脳会議など、精力的に日程をこなした。クアッド首脳の共同文書では初めて安全保障に特化した章を設け、中国の海洋進出など覇権主義的な行動を抑制する姿勢を強調した。...
別窓で開く


[ スプートニク ] の関連キーワード

ウクライナ nato 東久留米 ネオナチ リアル
タイガ 北朝鮮 ロシア

<前へ12345678次へ>