本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



スバル、部品供給遅れで国内工場を6日間停止へ…日産も追浜工場を31日まで停止
 SUBARU(スバル)は27日、国内の自動車生産を6日間停止すると発表した。半導体不足に加え、新型コロナウイルスの感染拡大で部品供給が滞っているためだという。...
別窓で開く

<激化するEV開発競争>日本車はドイツ・中国勢に劣後=専業メーカー先行、巻き返せるか 
世界各地で頻発する自然災害の原因が、排出された二酸化炭素の温室効果による地球の平均気温の上昇にあると知らされて以来、二酸化炭素を排出しない電気自動車が、俄然注目されるようになった。昨年11月のCOP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議で自動車に課せられた目標は、「2040年までにZEV(ゼロ...
別窓で開く

“暴走族スタイル”のランボルギーニ、“全面メタル彫刻”のインパラ……国内最大の“改造車フェス”で出会った“ヤバい車”を徹底ルポ
 2022年1月14日〜16日の3日間、2年ぶりに「カスタムカーの祭典」東京オートサロンが有観客で開催された。毎年カーメディアが大々的に取り上げ、車好きには知らぬ人のいないイベントだが、「東京モーターショー」と比べると一般の認知度は低い。...
別窓で開く

「今の会社で働き続けていいのかな?」「でも、転職するのは怖いな……」。働き方が大きく変わるなか、悩みを抱える人は多いだろう。高卒から、30歳で年収1000万円超という驚きの経歴をもつ山下良輔さんは、そうした「転職迷子」たちから圧倒的な支持を得ている。山下さんは12月に出版した初の著書『転職が僕らを助...
別窓で開く

東京オートサロンイベントが話題 日産が新型「フェアレディZ」発表、トヨタ社長は何と言った?
カスタムカーやチューニングカーの祭典「東京オートサロン2022」が2022年1月14〜16日、千葉市の幕張メッセで開かれた。注目を浴びたのは、日産自動車の新型「フェアレディZ」などの新モデルやコンセプトカー(参考出品車)だ。 ■日産「フェアレディZ」、日本初のお披露目日産自動車は、新型Zのプロトタイ...
別窓で開く

25mmの車高アップだけじゃない!日産「ノートクロスオーバー」は上質な内外装も魅力です
ベース車よりも大きなロードクリアランスを確保し、SUVのようなルックスをまとう「ノートAUTECH(オーテック)クロスオーバー」は、日産自動車の人気コンパクトカー「ノート」の派生モデルだ。コンパクトカーとSUVのクロスオーバーにより、適度な悪路走破性アップと実用性の向上を実現。...
別窓で開く

新しい「ノア」「ヴォクシー」はココがスゴい!トヨタ初が目白押しの先進の飛び道具が満載
トヨタのミッドサイズミニバン「ノア」と「ヴォクシー」が8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。注目の新型は、あらゆる装備にトヨタの最新フェーズが導入された意欲作。今回は、走りをつかさどるプラットフォームやパワートレーン、そして先進安全装備などにフォーカスする。...
別窓で開く

脱炭素にはつながらない嘘だらけのEV推進政策——岡崎五朗(日本自動車ジャーナリスト協会理事)【佐藤優の頂上対決】
 世界各国でガソリン車からEVへの急速な転換が進められている。言うまでもなくカーボンニュートラルのためだが、そもそも「EV=クリーン」は真実なのか。また世界の自動車メーカーは、ほんとうにEVへ舵を切ったのか。モーター・ジャーナリストの第一人者が危惧するEV推進の陥穽。...
別窓で開く

トヨタとスバルが共同開発したスポーツカー「GR86」と「BRZ」が発売された。一般道路での走行性能はどうなのか。交通コメンテーターの西村直人さんは「2台の特性違いは大きい。それぞれの開発陣が目指した個性を感じられる」という——。■新型2台を一般道路で走らせてみたトヨタ(GR)とスバルの協業で誕生した...
別窓で開く

人気リアルスポーツセダンが第2世代に進化した。新型WRX・S4は東京モーターショーで注目を集めたVIZIVパフォーマンス・コンセプトの市販車。2.4L水平対向ターボ(275ps/375Nm)を搭載し、アグレッシブなスタイリングは空力を徹底追求。ラインアップはSTIスポーツRとGT-Hを基本にアイサイ...
別窓で開く


[ スバル ] の関連キーワード

subaru ヴォクシ トヨタ ドイツ wrx